小林麻央が「ブログKOKORO」を更新し続ける真の理由・・・

   

【芸能】小林麻央さんが「ブログ」を更新し続ける意味 

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1485840937/

1: 2017/01/31(火) 14:35:37.74 ID:CAP_USER9

がんで闘病中のフリーアナウンサー、小林麻央さんは、病気を公表してブログを始められてから、より前向きに生きようとしておられるように見えます。1月29日に更新された、自身が退院したことを報告したブログでも、以下のように記しています。

今回の入院は底まで行って、考え、弱気になりました。暗くなりました。ブログを書くことで奮い立っていました。

「KOKORO.-小林麻央のオフィシャルブログ-」2017年1月29日と記しています。ブログを通じて「わたしは多くの人とつながっている。同じ病気を抱えている人にも役立っている」という気持ちになったことが、病気に立ち向かう力となっているのではないでしょうか。

■「病気でも社会とつながっている」という意識が大切
私は、10年ほど前から患者会に積極的に参加し交流を持ってきた中で、自ら患者でありながら、会の世話をする人たちの多くが、明るく快活で、元気に満ちあふれていることに驚かされてきました。

「病気をもっていても、こんなに元気な人がいる。元気の反対が病気ではない」と気づかされたのです。しかし、「なぜ、この人はこんなに元気なんだろう」と不思議に感じてきました。元気だから患者会の世話をできているのだろうか、あるいは世話をしているから元気になられたのだろうかなどと考えてきました。どうやら、そのどちらもが、イエスと言えそうです。 本人も周囲の人も「患者は病気をもった弱い存在であり、周りの人が面倒をみてあげなくてはならない」「病人は周りに迷惑をかけるばかりだ」と考えているようでは、患者はしだいに生きる場所と意味を失ってしまいます。しかし、「病人であっても社会とつながっている。患者には患者としてできること、やるべきことがある」と考えられるようになれば、患者も生きる希望を見いだすことができるのです。

病気を受容するまでに経る段階とは?
ドイツの教育学者、エリカ・シューハルト氏はハノーファ大学の教授であり、連邦議会の議員としても活躍した方です。危機に遭遇した人の自伝や闘病記など2000冊以上を詳細に分析し、危機に直面した後にたどる“魂”の変化として、8段階のスパイラル(螺旋)モデルを提唱しました(『このくちづけを世界のすべてに ベートーヴェンの危機からの創造的飛躍 』(アカデミア・ミュージック)には、以下に記すような“魂の成長過程”が示されています。

■病気を“受容”するまでの8段階
人生の危機に直面したとき、まずは第1期の「一体何が起きたのだろう」という状態に直面します。その後、第2期の「そうなのか、いやそんなはずはない」という理性と感情がぶつかり合う二律背反的な確信に移行し、第3期には「なぜ、この私が」という攻撃的な状態になります。それが、第4期に「もしそうなら、こうに違いない」という折衝となり、第5期は「何のために……すべては無意味か」といううつ状態に陥ります。それが、第6期になると「今ようやくわかった」という甘受に至るのです。

この過程は、ドイツの精神科医であるエリザベス・キューブラー=ロス博士が著書『死ぬ瞬間―死とその過程について』の中で提唱した、終末期の患者が死を宣告されてから、受容に至るまでの5段階と類似するものです。ただ、シューハルト氏のモデルの新しさは、これ以降にあります。第7期の「これをやろう」という活動、そして第8期の「一緒に対処しよう」という連帯へとつながることで、魂が成長していくのです。シューハルト氏は、危機を乗り越え闘病記を書くまでに至った人を対象としたことにより、活動から連帯に至る過程を見つけることができたのでしょう。

第6期の甘受(英語のacceptance)は、「わたしはここにいる。わたしにはできることがあり、それをやろうと思う。わたしを受け入れ、わたしはわたし個人の独自性とともに生きる」と考える時期であると解説されています。すでに、甘受の時期を経過し、活動や連帯の時期に至っているだろうと思われる患者さんに、このモデルについてお話ししたとき、「わたしは自分の病気を受け入れてなんかいない」と言われたことがあります。甘受や受容という日本語のニュアンスが、その方の心境には合わないのかもしれません。しかし、甘受は、単なるあきらめではなく、経過段階のⅡ期から目的段階のⅢ期(第7期、第8期)に至るための大きな転換点とされています。この転換点で、その人の問いは「なぜ(why)」から「どのように(how)」へと転換し、過去にばかり向いていた視線が、現在そして未来へと向けられるのです。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170131-00156026-toyo-soci

3: 2017/01/31(火) 14:36:20.47 ID:CAP_USER9

>>1 続き
小林麻央さんのブログには、開始当初に「あの時、あの時、あの時……」とつづられていました。過去を振り返って後悔をする。しかし、過去を変えることはできない。理屈では理解していても、堂々巡りから抜け出せない。そのような状況が経過段階のⅡ期であり、第6期の甘受を経て、目的段階のⅢ期へと移行するのです。

目的段階のⅢに移行した第7期の活動期では「何を持っているかではなく、持っているもので何をするかが重要であることを理解し、力のみなぎった状態となり行動に移る」、第8期の連帯期では「社会的な活動領域が意識され、協働する行動に目が向けられ連帯を意識する」と解説されています。元気があふれて患者会を世話する人は、まさにシューハルト氏の言う活動や連帯の状態にある人でした。自分の病気を正面から直視し、病気に関する情報を得てよく理解し、病気による自分の活動の規定をわきまえ、社会とのかかわりを意識しつつ、行動を起こし、連帯しているのです。

小林麻央さんも、ブログを書いて発信するという行動の過程で、連帯の状況に達したのではないかと推察されます。第8期の連帯に至った人は、病気があっても元気です。その人として、その人らしい人生を歩みはじめ、自分の生き方に自信を持ちはじめられたからではないでしょうか。ただし、がんや難病では危機が何度も訪れます。シューハルト氏は、そのような危機が訪れる度に、このスパイラルは繰り返されると解説しています。

■ケアする側にも役に立つ
危機にあった人をケアする立場にあるものが、魂のスパイラルをよく理解し、それぞれの期で適切なケアを提供することの必要性をシューハルト氏は唱えています。それぞれの期は、時間の長短はあっても危機に面したときに必要な過程であり、ある期は次の期への準備状態なのです。したがって、これらの過程を理解することにより、ケアする人はより適切なケアをすることが可能となるというのです。たとえば、患者から怒りをぶつけられることがあっても、それは第3期の攻撃性の時期にあることが理解できれば、それが必ずしも自分に向けられた怒りではないことが理解しやすくなります。患者会の中でも、仲間同士のゴタゴタや意見の対立があっても、その時期を理解していれば、他の人に対して寛容となれるようです。

一方、魂のスパイラルモデルの理解は、ケアをする側だけではなく、ケアをされる側にとっても心の支えとなることがあります。自分の現在の状態を客観的に認識するための道具となり、それぞれの期も連帯へと連なるための通過点と意識化することができるからです。実際に、患者会などで魂のスパイラルモデルを紹介すると、自分がたどった心境の変化にとても似ていると、共感し、喜ぶ人が少なからずいます。この階段を知っていれば、自分の状態を把握することも容易になり、自分より少し先を行く先輩を見ながら追っていくことが可能となります。もっとも、危機に直面した直後にこんなモデルを知っても、それを理解し自分に当てはめる余裕などないでしょう。むしろ、危機に直面する前に、病気が発病する前に、みなさんがこのような心理過程を知っておくことが役立つのではないかと考え、シューハルト氏のモデルを紹介しました。

小林麻央(こばやし まお、1982年7月21日 - )は、日本の女性キャスター、タレント、女優。戸籍名は堀越(旧姓:小林)麻央。新潟県小千谷市出身。セント・フォース所属。身長164cm。

cO8kpaYfm9kgNto_12558

姉はフリーアナウンサーの小林麻耶。

G20110311000404900_view

夫は歌舞伎俳優の十一代目市川海老蔵。

学歴は國學院高等学校卒業、上智大学文学部心理学科卒業。

2003年10月頃、セント・フォースに所属。ジテレビ系情報番組『めざましどようび』のお天気キャスターを務めた。

2010年1月29日、市川海老蔵と婚約発表会見を行う。3月3日に婚姻届を提出、7月29日にザ・プリンス パークタワー東京で挙式、結婚披露宴を行った。

bc8e74c29600525a6b1a

Wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%9E%97%E9%BA%BB%E5%A4%AE

小林麻央オフィシャルブログ「KOKORO.」
http://ameblo.jp/maokobayashi0721/

175: 2017/01/31(火) 20:28:18.42 ID:GLBKjRbgO

>>1
言っちゃ悪いけど、この人は自分の生き死にを商売にしてる観が拭えない。情報を出しすぎるよ。

20160610kobayashi

11: 2017/01/31(火) 14:39:25.04 ID:KluYSuOo0

自分を奮い立たせるのと、子供らに自分が生きた証を残したいんだろうなあ。
先日のテレビ出演も。

kobayasimao52

12: 2017/01/31(火) 14:39:26.20 ID:NIQbqvoR0

いい加減しつこいわ

13: 2017/01/31(火) 14:39:50.30 ID:7bwvuuBC0

本人がブログやりたいなら続ければいいよね

kobayasimao79

14: 2017/01/31(火) 14:41:31.68 ID:beEvRZCV0

効果あると思う
治療に役立てるべき

18: 2017/01/31(火) 14:42:33.01 ID:4Cx77unB0

好きなだけ更新したらいいだろう
死んでも、あの世から更新しそう

Myjitsu_010981_964c_1

58: 2017/01/31(火) 15:09:01.92 ID:NIQbqvoR0

死後に単行本化しそう

61: 2017/01/31(火) 15:09:16.93 ID:GkAW3NRw0

更新し続ける意味

金になるからしかないでしょ
どー見ても

63: 2017/01/31(火) 15:09:41.17 ID:yBC4b3SS0

ブログで設けた金を同じ病で悩む人の役に立つように寄付します!とかだったらカッコいいけどね

77: 2017/01/31(火) 15:16:16.37 ID:TCggaLgL0

後妻もブログで発表する勢いである

83: 2017/01/31(火) 15:31:50.55 ID:2e7ji6UjO

ブログやってなかったらとっくに死んでた

73734_201002250662278001267093870c

88: 2017/01/31(火) 15:37:02.83 ID:/fGP/+yr0

ガンは死病っていわれてるからね
生きる意味みたいなものが欲しいのでは?

91: 2017/01/31(火) 15:44:24.47 ID:1ul9+P2GO

ブログ始めたなら、標準治療をしないで手遅れになった後悔を伝えりゃいいのに

93: 2017/01/31(火) 15:53:14.50 ID:KL3rhJ640

どうしてそういう状況になったのか
どういう仮定で今そうなのか
こういうこと一切書かないね

w500_d1aaca72ef16e06e84df7c0736856828c4381bc932acc4c8

114: 2017/01/31(火) 16:54:30.01 ID:5KLFrcLx0

治療費捻出だと思って納得してたんだがちがうんか?

141: 2017/01/31(火) 18:15:43.20 ID:x14HFaLE0

この人あと100年生きると思う

150: 2017/01/31(火) 18:50:40.57 ID:NNd7fo3a0

金(´・ω・`)

169: 2017/01/31(火) 20:16:17.69 ID:a5VbviYa0

自己愛の強いお方だってゆうのは分かった。

173: 2017/01/31(火) 20:25:14.28 ID:Kk1zpFyn0

パンピーにはクソの役にも立たないブログとわかった

176: 2017/01/31(火) 20:29:46.32 ID:DbL4Iobz0

金儲け=悪って、ものすごい感覚だな。

違法なことやってるなら別だが、お金が儲けられるってのは、
社会に貢献・奉仕してるからなのにw

67: 2017/01/31(火) 15:11:22.74 ID:gF/j8Gux0

カネも必要だが、それ以上に、爪痕残して逝きたいのかと。

o0480064013851964218


おすすめ記事

【速報】小林麻央さん終了!!!

【警告】携帯番号が080の奴が可哀想すぎるwwwww理由wwwwwww

【閲覧注意】女子高生がとんでもない写真を公開して大炎上!!!(画像あり)

【衝撃事実】女子高生コンクリート事件の犯人の現在…ヤバすぎ…(画像あり)

Copyright © 2017 芸ニュー All Rights Reserved.

 - まとめ