あびる優が家事育児への不満を爆発させた結果wwwwwwwwww

   

タレント・あびる優が18日、自身のインスタグラムを投稿し、家事や育児への不満を爆発させた。また、「家事育児は女性がやって当たり前」という認識がまだまだ強い日本社会の意識改革を訴えた。ネット上には共感の声も寄せられている。

あびるは2014年9月に格闘家の才賀紀左衛門と結婚。15年5月6日に第1子長女を出産している。この日はインスタに、才賀が長女を風呂に入れている動画とともに長文のメッセージを投稿した。

「我が家は基本的に家事育児全般は私担当。娘はかわいいけど、やっぱり『なんで私だけ、、自由に眠れない、自由に外出できない、常に家事育児と奮闘しなくちゃいけないの、1人の時間がないの』って、心身の不満が爆発寸前もしくは爆発する時があります」と告白。「寝ても寝ても24時間眠い些細な事でイライラモヤモヤしてしまう、なぜか憂鬱な悲しいキモチになってしまう」こともあると明かした。

「男性はお仕事やお付き合いを理由に何かと自由に、それも時間無制限で、外に出る機会も多く、それを羨ましくさえ思う私。また社会もそれが普通でしょ?的な見解を示してる事も多くて」と不満をつづった。

「各家庭や個人の意見は様々」と断った上で、あびるはさらに社会への理解、意識改革を求める。「『女性が家事育児をして当たり前・女性は黙って家を守ってろ』みたいな、そういった世の中の男性や社会の考えが少しずつ変わってくれたらいいなぁと思う」「夫婦2人の大切な子供だから、パパが育児するのも当たり前。家族の大切なおうちだから、家事も家族でシェアしながらやるのが当たり前がいいと思う!!ましてや共働きの夫婦なら尚更ね」。

この日は才賀が朝から娘と遊んだり、風呂に入ったり、ご飯を食べさせたりしてくれたことそうで、夫の育児協力に感謝。「パパ達、家事育児の協力はもちろん、もっともっとママに自由時間を与えてあげて下さい」と訴えた。

この投稿は大反響。コメント欄には「わー、ほんとその通りです!」「ホントそう思うー」「わかりますー!ほんとよくわかる!」「いいね100回したいぐらいです。すっごく共感」などと、共感する声が多数寄せられている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170518-00000164-dal-ent

1

 - まとめ