【悲報】ゆりやんレトリィバァ、やらかした模様・・・・・・

   

ゆりやんにドン引き? リュック・ベッソン途中退場の顛末

13日、都内で巨匠リュック・ベッソン監督(58)の最新SF映画「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」(30日公開)のジャパンプレミアが開催。ステージにはベッソン監督とともに、吹き替えを担当した女ピン芸人・ゆりやんレトリィバァ(27)、ロックバンド「THE ALFEE」の3人が登壇した。

セクシー衣装を着たゆりやんは監督に向かって「アイ・アム・セッ●ス・シンボル」とアピールするなど絶好調。しかし、その直後に“事件”は起きた。なんとベッソン監督がフォトセッションの最中に「オーマイガー」とつぶやくとそのまま途中退場してしまったのである。

残されたゆりやんやアルフィー、スタッフは大慌て。しかし、世界のベッソン監督が会場に戻ることはなかった。今回は2012年以来6年ぶりの来日だったベッソン監督。親日家でも知られるが、何か気に障ったのだろうか……。

1

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/225105

 - まとめ