月の起源は「巨大衝突」ではなかった?定説覆す論文発表

   

279: 名無しさん@1周年 2017/01/10(火) 12:34:37.61 ID:GUOYEjci0

>>1
元々は連星だったりしてな。
初期成長が早かった地球が重くなり、強い引力を持ったから益々重く大きく成長し、連星の公転軸が地球にシフトして、月が衛星になったんだろ。
その後、大気を持たない月には隕石が次々と衝突した結果、地球との組成に差がでたんじゃね?

10: 名無しさん@1周年 2017/01/10(火) 06:43:30.93 ID:74m3ymiK0

月と地球の成分は同一だから
NASAは月の石ってハッタリ堂々とかませたのか

52: 名無しさん@1周年 2017/01/10(火) 07:04:00.98 ID:KlkdDxNf0

月は母星と比較して、非常に大きな衛星だ
太陽系の惑星の中で、月より大きな衛星はいくつかあるが
母星は、木星とか土星のような巨大惑星だからな
しかし惑星だけではなく、準惑星も含めると。
母星と衛星の比較が、地球と月よりずっと大きな衛星も存在するし
私は、地球と月の大きさの比較は、必ずしも特異なことでは無いと思うが

>>10
月の石は、地球の石よりかなり古いものだ
地球の場合、そういう古い石は地下深くに沈んでしまい発見されないのよ

15: 名無しさん@1周年 2017/01/10(火) 06:46:25.47 ID:s9lPJTKi0

宇宙人が地球の生物の進化を観察する為に作った人工衛星じゃないの?
いい具合に常に地球の方を向いているし
役目終わったらただの衛星に見えるように偽造も忘れずにね

34: 名無しさん@1周年 2017/01/10(火) 06:55:50.31 ID:ZmwCOg/r0

自分も>>15かと思ってた 月は位置なども色々出木杉

58: 名無しさん@1周年 2017/01/10(火) 07:06:33.75 ID:KlkdDxNf0

>>15
毎年、一センチくらいだったかな?
月は地球から遠ざかっている
だから月の位置は過去には現在よりずっと近かった。
その頃は、いまのように地球に対して同じ方向を向いていたわけでもなかったし
現在、地球に同じ方向を向いているのは、たまたまだろう

186: 名無しさん@1周年 2017/01/10(火) 08:57:32.69 ID:awOv17I20

>>58
月はジャイアントインパクトによる破片が
ロッシュの限界の直ぐ外で集積して形成されたもの。
当初は地球半径の3倍あたりに位置した。
地球からの潮汐力により、形成後数千年で、自転と公転が一致。

その後、地球の自転が、月の潮汐力で遅くなるにつれて、
地球の運動エネルギーが月の位置エネルギーになり、
地球からの高度を上げた。すなわち遠ざかった。

が教科書的な説明で、今回の仮説はそれより複雑。
科学では同じ事象を矛盾なく説明できるとき、
より単純なほうを真実とする。

ジャイアントインパクトを覆すのは難しい。

23: 名無しさん@1周年 2017/01/10(火) 06:51:56.72 ID:0Sn6T/Od0

これって、地球型環境の惑星が出来る可能性はずっと高いかもって事だよね?

78: 名無しさん@1周年 2017/01/10(火) 07:18:52.50 ID:8GCb3xF00

>>23
まぁ自然と潮汐力の源となる重力元衛生作られやすい傾向がありそうだしな

44: 名無しさん@1周年 2017/01/10(火) 07:00:29.43 ID:xNp/C33t0

ジャイアントインパクトが定説だったけど、
なるほど崩れそうだね

51: 名無しさん@1周年 2017/01/10(火) 07:03:51.67 ID:bEeuWlj70

ジャイアントインパクトの方がカッコイイからそっちを支持する

79: 名無しさん@1周年 2017/01/10(火) 07:19:55.13 ID:OHJtS9HH0

月にはけん玉みたいな紐がついてるのよ。いつかその紐が伸びきって切れるとき
にまでに月をノアの箱舟みたいに色々な動物や種子を持ち込まないと。
遠心力あるからイイ感じのハビタブル・ゾーンまで届くぞ。

94: 名無しさん@1周年 2017/01/10(火) 07:25:58.70 ID:+Gs2F7Og0

この説の通りなら、
複数の小天体の衝突による、
それら複数の小天体の成分も同様に月の成分に含まれてしまう訳だが、
それら複数の小天体の成分が地球とほぼ同一の成分であった可能性が
どれだけ低い確率なのかよ、ってね

111: 名無しさん@1周年 2017/01/10(火) 07:38:05.59 ID:dQHsC+yZ0

まあこの辺は今後の研究が進む事を期待しよう
ジャイアントインパクト説は現在最もうまく説明が付く説でしかないのだから

112: 名無しさん@1周年 2017/01/10(火) 07:38:10.81 ID:YjFGf0w20

クレーターの深さが大小問わずほぼ同じで
球面に沿って中心部から盛り上がってるのを説明出来る奴いる?

123: 名無しさん@1周年 2017/01/10(火) 07:46:38.06 ID:q/Rt7ipY0

>>112
クレーターが深くないのは、月はかつて氷天体だったからだろ
木星の衛星エウロパも氷天体だけど、表面が綺麗なつるつるの状態
クレーターぶつかっても氷天体だから修復してしまって、綺麗なまんまになる
月は浅い土の表層部分の下はかつては氷で覆われてた

130: 名無しさん@1周年 2017/01/10(火) 07:51:38.25 ID:pV9/dzRT0

>>112
ミルクの王冠だよ。深さ一定は地殻の固さから横へ拡がるからだろ。

115: 名無しさん@1周年 2017/01/10(火) 07:41:50.33 ID:zewWgBQm0

月の生命体が地球にヒョイと乗り移り、後の人間になったのでした

132: 名無しさん@1周年 2017/01/10(火) 07:57:19.31 ID:YjFGf0w20

あと、月の大きさは太陽の400分の1
太陽までの距離は月までの距離の400倍
だから見た目の大きさが一緒になる
確率的にほぼあり得無いらしい

70年代にロシアの天文学者が発表した 月=人工天体説 も捨てきれない

145: 名無しさん@1周年 2017/01/10(火) 08:06:34.28 ID:KTEYhjR50

>>132
地球と月の距離は今も1年に3cm開いていってるだろ

139: 名無しさん@1周年 2017/01/10(火) 08:01:52.00 ID:QVXcyyV50

地球は、双子の惑星だった!

有り得ないってw
物理的に

148: 名無しさん@1周年 2017/01/10(火) 08:07:31.29 ID:+sC14tBC0

地球の生態系に大きな影響を持っていることや、何より太陽と全く同じ大きさに見える事が
何かしらの大きさ力が働いてる気がする。

149: 名無しさん@1周年 2017/01/10(火) 08:09:14.63 ID:OkCvr/uH0

公転周期と自転周期が一致してる奇跡の衛星
確率的にどれくらいか計算すらできない

161: 名無しさん@1周年 2017/01/10(火) 08:33:59.95 ID:7+jtNthu0

>>149
木星のガリレオ衛星他ぜんぶ
火星のフォボスとダイモス
冥王星のカロン

太陽系内だけでも同期してる衛星ばっかりですが

166: 名無しさん@1周年 2017/01/10(火) 08:38:11.79 ID:/32IQmF90

>>149
月は重心が偏ってるから
自転と公転が同期しているように見えると聞いた

271: 名無しさん@1周年 2017/01/10(火) 12:23:01.21 ID:A7R40RFF0

>>149
それ潮汐作用で既に説明済み。

190: 名無しさん@1周年 2017/01/10(火) 09:08:21.58 ID:czup0AhP0

ぶつかったものの速度が衛星軌道に安定して残るのは考えにくいから
やっぱり兄弟説が有力かなあ

200: 名無しさん@1周年 2017/01/10(火) 09:17:38.11 ID:n18peTVR0

ちょっと待てよ。地球の成分構成と月の成分構成が同じかどうかは、実際月に行かないと分かんねーじゃん。

241: 名無しさん@1周年 2017/01/10(火) 10:41:04.08 ID:NrrnrzJS0

>>200
行かなくてもわかるよ。少なくとも表面の材質はね。スペクトルを調べれば簡単にわかる。何千光年も離れた星の材質もわかる。

205: 名無しさん@1周年 2017/01/10(火) 09:25:00.21 ID:q0ccZDEP0

まじめな話
アポロ11号は本当に月に行ったのかい?

207: 名無しさん@1周年 2017/01/10(火) 09:26:02.95 ID:gw62kUdE0

>>205
旧ソ連のニセ情報を未だに信じてんのか

221: 名無しさん@1周年 2017/01/10(火) 09:43:18.02 ID:q0ccZDEP0

>>207
では
どんな方法で月面離陸したのか?

なぜここ何十年も月に行かないのだろうか?

225: 名無しさん@1周年 2017/01/10(火) 09:46:42.51 ID:XXGQ6gi20

>>221
ロケット吹かしてに決まってるだろ

行かないのは主に資金

214: 名無しさん@1周年 2017/01/10(火) 09:33:37.03 ID:+oGLz9cb0

アポロとかルナ(旧ソ連月探査機)から持ち帰った月の石には50億年前より昔のものがあったような…

215: 名無しさん@1周年 2017/01/10(火) 09:37:25.87 ID:WTDYP3Hk0

昔は
・親子説(地球から分離。大平洋はその跡)
・兄弟説(太陽を周回する小惑星が地球の引力圏に捕まった)
・他人説(宇宙塵などが地球に衝突して流星とならず、そのまま地球の回りを回って固まった)
なんてのが学研の『科学』に書いてあったもんじゃが、時代は変わったのう。

216: 名無しさん@1周年 2017/01/10(火) 09:38:28.85 ID:ECGKFxSKO

ちなみに月がないと
地球の自転が加速して毎日嵐な

220: 名無しさん@1周年 2017/01/10(火) 09:43:13.39 ID:Ly1E06n4O

なんで成分が違うはずって前提なんだろ?
太陽から似たような距離にあった岩石同士なんだし
成分が同じでもなんの不思議もないだろうに

222: 名無しさん@1周年 2017/01/10(火) 09:44:31.74 ID:GJXFXQHc0

月は太陽に近づいていくうちに地球につかまった

224: 名無しさん@1周年 2017/01/10(火) 09:45:59.69 ID:Za1upPFb0

だいたいジャイアントインパクト説でも、複数衝突説でも
飛び散った岩石はひとつ残らず月になったの?
ひとつ残らず綺麗にすべて月になったなんて考えられない、
ぶつかったのが事実なら月になり損ねた大量の小さな岩石による
土星のような輪が地球にも出来ているはずじゃないの?

242: 名無しさん@1周年 2017/01/10(火) 10:41:51.07 ID:bttzkniT0

>>224
逸散したり、地球に落下した破片のほうが遥かに多い。

また、土星の輪は氷。地球軌道では氷は、
昇華して短期間で消滅する。
それ以前に土星の環が力学的奇跡であって、
通常、環は長期的に存在できない。

252: 名無しさん@1周年 2017/01/10(火) 11:13:42.66 ID:IbSmU2Ri0

>>242
太陽系内ではわりと普遍的じゃない?
やはり奇跡の星系だったんだな

308: 名無しさん@1周年 2017/01/10(火) 13:29:23.88 ID:V/ETodhU0

>>252
今の土星が環を持つのは必然だけど、
あのサイズの惑星があの場所にいるのは、
スノーラインとか、グランドタックとか
偶然の要素もはいる。

243: 名無しさん@1周年 2017/01/10(火) 10:43:11.81 ID:TGTNSfk40

小さな天体が衝突して…なんて当たり前の説が覆されて「巨大衝突説」に至ったんだと思ってたら違うのか……つまらん(´・ω・`)

253: 名無しさん@1周年 2017/01/10(火) 11:17:27.72 ID:fKnRadEl0

関係ないけど、恐竜絶滅も隕石説を唱えている学者は実は少数
(定説ではない)という話を聞いた事があるけど、どうなんだろう?

262: 名無しさん@1周年 2017/01/10(火) 11:56:55.27 ID:z15/zbgN0

>>253
隕石衝突はきっかけに過ぎず、
絶滅の直接の原因は、環境の変化へ対応できなかったから、
という全体的な内容は昔からずっと変わっていなくて、
昔は隕石を強調し過ぎたので誤解する人がいたってだけ。

286: 名無しさん@1周年 2017/01/10(火) 12:52:49.30 ID:DMv23LFl0

そもそも大きな矛盾があるって分かってて、それを定説にすんなよ
アホだろ

291: 名無しさん@1周年 2017/01/10(火) 12:58:58.46 ID:A7R40RFF0

>>286
ジャイアントインパクト自体はほぼ正しい。

347: 名無しさん@1周年 2017/01/10(火) 14:40:39.43 ID:dAZ6CUmb0

これ…ってことは、月を形成できるような巨大隕石の衝突はこれまで考えられていたよりももっと頻繁に起きていたということになる
それらが数多く集合して月になったとするならば

人類の文明もヤバイんじゃね
巨大隕石の衝突ひとつあったら地球の大気は粉塵に覆われて地表の気温1年以上30度下がるぞ
植物がまず死滅する

349: 名無しさん@1周年 2017/01/10(火) 14:46:22.40 ID:dAZ6CUmb0

>>347は粉塵で太陽光が遮られるから

あと、たしか今核ミサイル使って巨大隕石迎え撃とうというプロジェクト動いてたよな
あれはどうなった?

たしか下手に迎撃すると、より分散した隕石が地球上の至るところに墜落することにもなるからこれはこれで非常に危険で、対処がなかなか技術的に難しいとかいう話だったが

355: 名無しさん@1周年 2017/01/10(火) 15:00:14.37 ID:5yajsrwK0

>>349
早期発見しかないだろうね。
遠くで発見できれば、少し軌道をずらしただけで、衝突を避けられる。

46: 名無しさん@1周年 2017/01/10(火) 07:02:03.12 ID:59BrtJ4v0

月を認識するモノが消滅したら月は存在しない

 - まとめ