野々原茜「765プロ対話ビデオ(大麻ビデオ)!」

   

4bd99bfd-min


1: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/03/26(月) 15:00:28 ID:dC6zfj76


Future ~アイドルの未来へ~ 
野々原茜「765プロ対話ビデオ(大麻ビデオ)!」
野々原茜&横山奈緒&松田亜利沙&天海春香「Future!」
一同「この後すぐー!!イエーーーー!!」
奈緒&亜里沙「みなさん、こんにちはー!」
(歓声)
奈緒「進行を務めます横山奈緒でございまーす」
亜里沙「イエエェェェェイwww」
(歓声)
亜里沙「松田亜利沙でーす!!」
奈緒「亜里沙ちゃーん!!」
亜里沙「よろしくおねがいしまーす!」
奈緒「我々進行するにあたって、もう今バラエティ界ではこの人がなければ勤まりまへん。せやけど本人は、肩書きは、世界一カワイイアイドルと言い張っておりますけども」
亜里沙「えぇえええwwそうなんですかぁーwwww」
奈緒「超バラエティでございます、野々原茜ちゃんです、どーぞー!!」
亜里沙「イエエェェェェイwwwwアァァアアアwwwwww」
奈緒「今回タイトルがー、ねぇ、これ見てみいよぉ。」
茜「なになに?」
奈緒「フトレじゃないで。」
亜里沙「アッハッハッハwwwww奈緒ちゃんじゃないですかwww」
奈緒「ウチかい!(今日も収録前に佐竹飯店特製弁当完食)」
茜「うまいねぇ、コラコラ」
奈緒「フィーチャー(Future)」
茜「フィーチャー!」
奈緒「フィーチャーってどういう意味なん?」
茜「わかりませぇんwww」
亜里沙「アァッハッハッハwwwwwww」
奈緒「頼むでぇwww未来未来将来!(人違い)」
茜「茜ちゃんが一番だけどそれに負けないぐらい未来溢れる若いのでいっぱいだね!765プロから様々な個性輝く皆が集まってますからー。どんな話が出るかわかりませんけども」
奈緒「はいはい。」
茜「バッと盛り上がっていきましょ。」
茜&奈緒&亜里沙「よろしくおねがいしま~~~す」
(拍手)

1-min

arisa-min

2: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/03/26(月) 15:01:37 ID:I2MH1pDc


へぇっ!?

83c14817-min

4: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/03/26(月) 15:02:15 ID:dC6zfj76
茜「まず第一のテーマはこちら!」
奈緒「どうぞっ」
茜「入る前の765プロのイメージ。」
奈緒「はいっ」
茜「これ大事だよねこれ。」
奈緒「そうや・・・。」
奈緒「色んな思いがあったと思うでぇ。まずこの方こういう風に思ってました」
ピロリーン♪(画面の文字が変わる)
茜「『ブラック☆企業』」
奈緒「んっはっはっはっはっはww」
青羽美咲「ブラック・・・っていうイメージしかなかったですよ」
茜&奈緒「あぁ・・・(思い当たる節多々)」
美咲「そりゃもうこんなこんななってんの」
(笑い声)
奈緒「ははぁーみたいな」
美咲「休暇とかないのかなあって思っちゃうんですよ。」
茜&奈緒「あー」
茜「実際・・・入社してみてみてどうだった?」
美咲「全然・・・みんな、全然すごいあったかいんですよ。うん。全然イメージが違いましたね。(洗脳済み)」
茜「ねぇー、こんなことしたことないようち(洗脳済み)」
(歓声)
茜「そういうやっぱりもう勝手なイメージ勝手な噂がもう、はぁも、蔓延ってるよー」
奈緒「蔓延ってるでー」
茜「逆にだからね、周りが変な噂とか、ネットとかSNSに、洗脳されちゃってるんだよ周りのほうが。」
奈緒「えt逆にね、逆に。そうかもしれんわあ。」

5: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/03/26(月) 15:04:23 ID:dC6zfj76

ピロリーン♪
茜「『アイドルは弱い人がやるものだ』」
奈緒「あ゙ーーーー」
茜「これもわかるんです」
北沢志保「やっぱり、自分で判断力が付けられないから、何か物に頼って、それで、こう、自分の弱さを補うのかなって思ってました。」
茜「普通だとだいたいねえ、あのー、ま、お正月とか、ポォーンッとかお金投げて、横になってねえ。なんかいいことないかなと待ってたりとか。占いに身を任せみたいなとか。さっきしほりんが言ったようにミリオンジュエルを買ってみたりとか。」
奈緒「ほんまやねえ。」
茜「色んなお仕事してみたりやるけど。毎朝毎晩自分と立ち向かっていかなきゃいけないっていうアイドルだから。逆にーその頼る縋るじゃなくて、勇気を持って、自分と戦っていくっていう、凄いアイドルだもんねえ~」
志保「あと、自覚というか、確信したのが、まあ弱い人が強くなるのはもちろんですけど、強い人はなおに強くなるだろうって思いましたね」
茜「流石しほり~んwww」
奈緒「ええこと言う~ホンマ~」
茜「かわいい弟いるんだったね」
(歓声)

6: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/03/26(月) 15:06:31 ID:dC6zfj76


茜「そしてこういう意見がありながら、なんとこういう意見もあるんですよ」
奈緒「はいはい」
ピロリーン♪
茜「『楽しそう』」
七尾百合子「ウワ中学2年生のころなんですけどー、その頃ってアマ、アイドルとかそういうことに知識が全くなくって。その頃に、あのー、j、休み時間かなんかの時に、友達が、『実はあたし天海春香ちゃんのファンなんだよね』、って、ファ☆と言ったら、そこに居た友達が、あー!あたしもー!!┗(^=^┗)ってすごい・・・本当に嬉しそうにー」
奈緒「そういう・・・よくある・・・ナァ!?現象や」
百合子「言ってー、それで今度そのクラスの友達とかで、バンドを組んで、そう今度文化祭でやるんだ!とか言って。なんかわかんないけど楽しそうだなあって」
茜「あっはぁっはぁっはぁwwwwwwイイ!イイ!珍しいパターンだねww」
奈緒「でも・・・私も似てるわあ。」
茜「どういうことそれは」
奈緒「ウチ小学校のとき公園でみんなで遊んでてや。ブランコで。ほなみんながな、遊んでた途中でな、『ほなねー帰るわーアイドルの時間やねーん!!』ってみんな散っていくん」
(歓声)
奈緒「それでウチ一人だけ。それでアイドルってなんやろー?って思って跡ついていったんよ。ほいでな、窓開いてるやん一階の部屋やねん。窓覗いて何やってんのやろって思ったら、お菓子食べてアイドルのライブ見て応援してんねん(コンサートライト)なんて楽しそうなんやろと思て。ウチもそれやったわ。固定観念ゼロ。」
茜「茜ちゃんなんかこうーお風呂行く時にー、茜ちゃんのパパとママとかと行ってたら、玄関にいっぱいガーッ靴があって、で、ドアが開いてるの。おじいちゃんあれ何?ったら、『見るな。ヲタ芸や』って」
(歓声)
茜「今たくさん人いたよ。でもね、それは覗いてみたら楽しそうだったんだろうな。きっとー。まあね。」

8: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/03/26(月) 15:09:30 ID:dC6zfj76

茜「続いてのテーマ行ってみようか。」
奈緒「はいはいっ」
茜「続いてのテーマこちらでございます。」
奈緒「どうぞっ」
茜「『私が見た765プロ』」
奈緒「んっ!」
茜「はい、ま色々イメージがありましたけれども。実際見てみてどうだったのかということをですね。こういう意見が出てるよ。」 
ピロリーン♪
茜「『アイドル活動の目的観がはっきりしている』」
望月杏奈「あのアイドルしてる人は...、あの...、杏奈より若い子でも...、あの年上で二十歳超えてるおばさ...お姉さんでも...、じぶんで...、すごい一生懸命...?アイドルに積極的に前向きに...、生きている...、だなぁーって風に思って...、すごい感心しました」
茜「すぅんごいねえー・・・・・フヘッww感心しましたかーwwwかわいいなあwwwハハハハwwwwwふぅーんって感心したんだwwへぇーってwwwwww」
奈緒「すごいって思ったん?」
杏奈「はい...」
茜「でも本当にそうだよね。一人一人の目的がはっきりしてるもんね。なんのためにアイドルしてるのか。なんのために今があるのかってことをみんなしっかり把握しているからー」
奈緒「そうやそうや」
茜「うーん。もう杏奈ちゃん自身の目的がはっきりしてきたんじゃないかな?どうだろ。」
杏奈「杏奈...、アイドルを、あのー...ま、やってるんですけど...、あのーん昔は...、ほんとに...、ウワァ、アイドルになりたいとかそういう憧れ的な...、ことで有名になれたらいいなとかなんかそういう...、曖昧な...、気持ちで、やってたんですけど...、やっぱり今はあのそういうのは関係ないって。あの本当に見ている人にぃ...、あの感動を与えて、あのビビッと元気になってもらえるようなアイドルになろうって...いう風に思えるように...※◎▲$」
茜「すばらしい」
奈緒「もう価値観がもう」
茜「カァッ!」
奈緒「全然ちゃう」
茜「変わってくんだよ」

9: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/03/26(月) 15:12:11 ID:dC6zfj76

ピロリーン♪
茜「『アイドルのことを本気で考え行動しているプロダクション』」
ジュリア「とりあえず高校上がる時にやっぱ歌・・・やっぱ歌手目指しててさ」
茜「うんうん」
奈緒「そんときは所属してなかったの?」
ジュリア「してなかったな。」
茜「うん。で、ミュージシャン目指してた。」
ジュリア「ミュージシャン目指してた。それで・・・まあ実際に・・・なんて言うのかな。やっぱ音楽について語るんだよな。駅前でストリートライブしたり公園とか広場、歌を歌ったりして、ま、感動させるっつーのも一つの手かもしんないけど。でも結局一人の人間に火を灯せない・・・人間に、歌でどうやって元気にするんだっていうことで、悩んでさ。」
茜「え゙ぇーー!?」
奈緒「それアイドルする前に?」
ジュリア「する前だな」
茜「人は見かけによらないねぇ」
奈緒「よらんなぁー」
(歓声)
茜「すばらしいねー考え方がぁ。」
奈緒「ほぉーんまやー」
茜「偉いなー。それでそれでー?」
ジュリア「それでまあその、勘違いでア、アイドルになったんだけど、プロデューサーとまあ、毎日毎日しつこいぐらいに、」
茜「語り合って?」
ジュリア「アイドルとはなんなんだ!って話して、それで、『ジュリア、お前はそのもちろんすばらしい考え持ってるけど、絶対に行き詰るよ!』ってことを、やっぱ真心込めて、言ってくれてさ。」
茜「なるほどー」
茜「それで、この、実際ほんとに765プロに入ってみてプロちゃんのその行動を見て、」
ジュリア「ああ」
茜「本当にもう一人を大事にしながら、アイドルのために戦ってる人がここにいたんだとこう、」
ジュリア「そうだな」
茜「思ったわけ」
ジュリア「ああもう現実のその、トップアイドルになる一歩ってうのを、売り込みだとか、そのオーディションだとか、レッスンとか。やっぱり、ほんと具体的に?裏付けがある行動ってのをやっぱ探してたから。それはやっぱり、あった!っていうその感動だよな」
奈緒「すごいな~」
茜「すばらしー。すばらしー」
(拍手)
茜「もうねー、今日からジュリアン姉さんと呼ばしてもらおうよ」
奈緒「ジュリアン姉さん」
茜「ジュリアン姉さんww」
奈緒「はい、」

10: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/03/26(月) 15:15:02 ID:dC6zfj76


茜「続いてのテーマはこちらです。」
奈緒「どうぞっ」
茜「『やってみて変わったこと』」
ピロリーン♪
茜「『チャンスを再び掴めるようになった』」
奈緒「うん」
周防桃子「桃子はね、前も女優やってたんだけど、あのー色々あって休業して、丸2年とか3年とかー、全く仕事がなかったの。で、オーディションとかもあったんだけど、もう一回も受かんなくて私。そういう時にやっぱ高木社長と知り合って。社長さんに、『私達の事務所に来てアイドルになれば、桃子くんならまた輝ける!』と。『いいからやってみよう!』と。本当なのかなってことを、確かめてみようと思って。で、お兄ちゃんにあの、お願いです。桃子にまたチャンスをちょうだいって。ほんと毎日お願いしてたの。その、次の翌月に、次にライブ公演の、センターを、貰って。」
茜「え、すごーいじゃーん」
桃子「うん。」
茜「もう何がってやっぱ茜ちゃんほどではないけど桃子ちゃん自身の輝きが出たんだよ。もうほんっとに力の輝きが。もうみんなに伝わっていくってアイドルだもんねぇ~」
茜「さ、あの今日お集まりの茜ちゃんファンみなさん、いま夢に向かってこう、挑戦中ですけども。もちろん765プロの中で夢をどんどん実現していく。こういう方もたくさんいらっしゃいます。そです。この先輩もそんなお一人だね。」
奈緒「はいっ」
茜「いってみましょう」

11: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/03/26(月) 15:17:26 ID:dC6zfj76


天海春香
類稀なアイドルっぷりから、人は彼女を、「春香さん」と呼ぶ。
テレビ出演、CM、雑誌、ライブなど、活躍の舞台は、限りなく広い。
世界のアイドルとの仕事も手がける、日本を代表するアイドルである。
茜「さぁー!」
奈緒「はい」
茜「時代を創りましたね彼女は。まぁ茜ちゃんがそれを超える予定なんだけど」
奈緒「はいはい」
茜「すばらしいよー今日は来てくれてます。登場して頂きましょう!カリスマアイドル、天海春香ちゃーーーーーん!」
奈緒「どぞーー!」
(歓声)
茜「すばらしー」
茜「もうねぇ。茜ちゃんと結構長いお付き合いなんです」
奈緒「なんか仲良いみたいやね」
茜「もうねあのーちょうどデビューした当時、あの同じ、ユニットに一緒に、あのー色々レッスンしたりとか一緒にお菓子作ったりとか、模試(?)の勉強したりとかね。ぐちかかってたんです(?)」
茜「春香ちゃんの名前出したらアイドゥ・・・アイドルになりたいって女の子達がいるじゃないですかぁ」
奈緒「はぁい」
茜「それでーあのーやっぱ悩みを聞くと、頑張れって。アー茜ちゃんの知ってる子で天海春香ちゃんって子がねったら(ダンッ)春香ちゃんですかってみんな言うわけよー。なんで知ってんのって思ったらいつの間にか、茜ちゃん程ではないけどカリスマだったんだねえw」
(歓声)

7057c4fc1780929762784989a9692e5ded44b2561409766558-min

12: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/03/26(月) 15:19:39 ID:dC6zfj76


茜「嘘みたいだねえ。でもこういうテレビでねえ。」
天海春香「あそうだね」
茜「でもほんとね、765プロってすごいだと思うね。もう夢が叶っていくんだなっていうことをやっぱ、ハ春香ちゃん見てみてもやっぱ、こう実感するし。ねぇー」
亜里沙「ここで質問」
茜「どぞ!」
亜里沙「ゆぅめを実現するにはどーしたらいいんですかwww」
春香「はい、あのすごいこういろんな子に聞かれるんだけど。まあアイドルが一番多いんですけど。で、特に何をやったっていうのは、本当、一通りこう努力はしてたんですけど、秘訣っていうのは特にないんだよね。」
亜里沙「えっ?」
茜「んー」
春香「で特に、その・・・お、方法論とかじゃなくて。で私はそのー夢を、その、こう、一通り全部、書き出して。犬ってて。んでー実はその夢に、進んでないんじゃないかと。こう思うこともあったんですけど。んで、振り返って考えるとそれが全部叶ってて。でー何かをこうやったからこうなったんじゃなくて、アイドルを、ほんとに真剣にやったときからぁ、あのー方向性が徐々に修正されて、実は一番近い距離で行けたっていう」
一同「ふーん」
茜「元々、765プロに入ったきっかけっていうのは」
春香「高校生に、私ーなり立ての頃だったんですけど、これからもうどんどんどんどん?あのーお友達を作ってぇ、自分の生活も、こう生活的に豊かになってっていう構想から、こういつまでやってもそのー構想が実現されないんですね。」
茜「んー」
春香「んで、それで悩んでる時に、んとーちょうどこう、あの友人が、居て。それを現実に出来る方法があるよ、と。」
茜「うぇ~」
春香「それはアイドルになることだよっていう風に、言われて。じゃあ、あのーそんなに夢が実現する自分を向上させる、ことができるんであれば、あの、すぐになろうって」
一同「すご~い」
茜「茜ちゃんほどではないけど偉いよね。前向きだよね。抵抗はなかったの?765プロに入るっていう」
春香「えとね765プロの存在・・・すら知らなかったですね私」
茜「はぁ~」
奈緒「へぇ~」
茜「入ってからびっくりしたんじゃない」
春香「入ってから、友人の反応が、あのー(ここでなぜか茜ちゃん奇声)アイドルなったって言ったら、反応がなんか異様なんですよw」
(歓声)
奈緒「自分の仲良い友達、アイドルなったって言ったら、どういうg・・・えぇ~」
茜「えぇ~春香ちゃんアイドルなの~って急に顔が変わって」
春香「なんかこう空気がパキーンって固まって」
茜「バリアみたいなねwwwあるある」

13: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/03/26(月) 15:22:44 ID:dC6zfj76


奈緒「春香が、あのー今、夢をこう実現させようとして頑張っている、みなさんに、何かこうメッセージとか、ま今の話の中にもあるんやけども」
春香「どんな場面であれ、ベストを尽くしていく・・・っていうのが、あのー私のひt、もう一つの、あのキーワードになったんですけど。あの・・得てしてそのチャンスじゃなかったら、どうしてもこう力を抜いちゃう場面とかあるじゃないですか」
茜「ん~なるほど」
春香「だけど、もうどこでもやっぱり・・・そのまあなんていうんですかね自分が精一杯に、その、やっていく、ベストを尽くしていくってのが、あのチャンスを大きく掴むし。運がある人はチャンスじゃない所もチャンスになってきちゃうから、それはもうレッスンにもならない(?)ってことだから。もう常にベストを尽くして。で、そのーアイドル活動一生懸命やってってのが、あの一番ベストだと思いますので。もう夢なんてもういくらでも、入ってきちゃうんで。はい、頑張って頂きたいなと思います」
茜「そうだねえ」
奈緒「ねぇ、みんなもうね、それぞれ頑張って頂きたいと思います」
茜「もうそれぞれの個性を輝かせながらね、茜ちゃんには及ばないけどカワイイ皆さんですから。ま、一緒にまたね、これからも頑張っていきたいと思います。」
茜「多分、オンエア見てるアイドル目指してる方。いると思うんですよ」
奈緒「業界の人も」
茜「改めまして、765プロで一番可愛いアイドル・野々原茜ちゃんです」
(歓声)
茜「これでも茜ちゃんのかわいさを伝えるには不十分だねww」
奈緒「ねえww」
茜「是非またアイドル活動に触れて頂いて。」
奈緒「はい」
茜「本当にあの、これねやってみないとわからない。聞いてるとだけなら、んーなんとなくわかる、とか。理屈は・・・なんとか伝わるという方も多いと思うんです。でも実際これはアイドルっていうのはもう、自分の生命で感じてみること。これが一番早いので、是非このアイドルというものをやってみる価値は十分にある思います。」
茜「たぶんねこうやって見て」(茜ちゃん人形の鼻をほじる野々原)
(歓声)
奈緒「そうそうそうそうw」
茜「もううっさいなー」
奈緒「もうほんま早よ早よお茶出さんかいみたいなwねぇw」
茜「もうなにもう黙って来たらこんなテレビだったの」
奈緒「こんなんやねんw」
茜「でも是非またお目にかかることをね、あ楽しみにしまして。今日はどうもありがとうございましたー!」
一同「ございましたー!」
(歓声)
亜里沙「夢に向かって頑張れるアイドルちゃん仲間がこんなに、ねえ?いっぱいいたなんてすごい幸せだなって思いました。
亜里沙もみんなと一緒に、これから夢に向かって頑張りたいと思います。ありがとうございました」

[embedded content]

14: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/03/26(月) 15:28:56 ID:XB4UNYXY


やったぁ!

965c4bda-s

16: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/03/28(水) 07:35:09 ID:PddTIq2A

アイドル活動出来るじゃない!

17: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/03/28(水) 14:23:16 ID:4VwVJ3DY


うーん先生のご指導だ
19: 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/03/28(水) 14:28:31 ID:bvl60.Sk

フトレ2も一本だけ、くださいっ!

b7c5c9ac-s

https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/20196/1522044028/

素晴らしいスレ、誇り高いスレです

Tweetこのエントリーをはてなブックマークに追加

アイドルマスターMILLIONLIVE! フルグラフィックTシャツ 野々原 茜
【Amazon.co.jp限定】 THE IDOLM@STER MILLION THE@TER GENERATION 06 (2商品連動購入特典:「デカジャケット(2枚セット)」引換シリアルコード付)

「アイドルマスター」カテゴリの最新記事

「SS」カテゴリの最新記事

タグ :
アイドルマスターミリオンライブ
ミリマス
野々原茜
横山奈緒
SS
エア本さん
必須アモト酸

 - まとめ