アイスマンの5300年前の最後の晩餐が明らかに ヤギの脂肪と野生のシカ肉、古代の穀物とシダ類 栄養満点だが味は?

   

3: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 21:35:45.78 ID:UfRsKXHJ0

孤高のグルメに出てきそうなメニューだな

5: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 21:37:59.23 ID:TjGfPGVJ0

シダだとワラビみたいなもんか?

8: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 21:38:59.60 ID:V2+4N6Bj0

>>5
身体に良いとか言われてたのかね
薬草とかドラクエみたい

10: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 21:39:29.37 ID:FSrSQOY70

毒性のあるシダで満たされているのが死因なのでは?

18: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 21:43:01.04 ID:3AFzkPDu0

日本で食べられている「シダ植物」
「ワラビ」「ゼンマイ」「コゴミ(クサソテツ)」「ツクシ」

21: 婆 ◆HKZsYRUkck 2018/07/13(金) 21:44:12.09 ID:r1rvUsa50

>>1
> また、シカの肉は生で食べていたか、乾燥させたものだったと考えられている。

ということだが、ヤギの脂肪はどうやって食ってたんじゃろ?
氷河地帯では貴重なカロリー源だから、肝油みたいなサプリメント
的な感じだったのかしらん。

24: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 21:44:55.29 ID:XCxmzbNY0

シカの干し肉とかうまそう
多分塩味だけでいける

30: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 21:49:04.30 ID:cvNfx2G90

>>24
>>1に塩なかったって書いてあるよ

45: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 21:55:49.11 ID:XCxmzbNY0

>>30
塩のない干し肉だったか。熟成させてうまみは出てるとしても塩がないのはきついかも。

46: 婆 ◆HKZsYRUkck 2018/07/13(金) 21:56:44.44 ID:r1rvUsa50

>>30
確かに「塩がなかった」と書いてあるけど、ほんとかなあ。
摂取した塩分は早いうちに吸収されて胃から無くなりそうだし、
ポシェットに塩を携帯していても、水に溶けて流れてしまいそうだし。

32: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 21:49:19.80 ID:iejWSK590

氷河のそばで戦闘でもあったのかな
矢傷をうけ氷河に落ちて5300年氷の中という最期はわかったけどどんな名前でどんな人生だったんだろう

58: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 22:02:22.83 ID:lFLRD62n0

>>32
あ、戦闘前の食事か!
なるほど高タンパク高脂質に偏る訳だ
もしかしたらアイスマンの胃袋の中身は当時の一般人と同じ物とは限らんな

34: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 21:51:42.42 ID:6p71HCG60

ジビエ料理か

35: 【男の娘】 2018/07/13(金) 21:51:46.11 ID:/56yPa8s0

塩がないのか・・・
燻製にしたらなんとかなるのかなぁ・・・

38: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 21:52:33.76 ID:JkHKYcjy0

アイスマン、最後の食事
Otzi The Icmean's Last Meal. Gluten Free Diet and Paleo Diet History. Einkorn Wheat.
[embedded content]

39: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 21:53:38.65 ID:ZmOdT9o10

塩がないとナトリウム不足になって歩き回れないんじゃ?

107: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 22:40:58.11 ID:Rp+kmIjE0

>>39
味付けとして独立して摂らなくても肉にはNaが含まれている
肉食獣は食事以外から単独で塩を摂らないのに
草食獣が岩塩とかを舐めにくるのもそのため
そもそも氷河の中で暮らしていてNaが体外に流出する機会も少ないから
身体機能的には肉を食べているだけで問題は起こらないと思われる

48: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 21:57:00.71 ID:W2BdQ5D30

アイスマンはなんらかの逃亡者。

50: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 21:57:38.02 ID:tB0cvk1a0

調味料のないビーフジャーキーってすごくまずそう

53: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 22:00:45.75 ID:JkHKYcjy0

アルプスなら岩塩があると思うけど、どういう根拠で塩がないと言ってるんだろう?

65: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 22:05:17.26 ID:lFLRD62n0

>>53
塩が貴重品だったという以上の根拠は多分ない
もしアイスマンが何度も死線を潜った歴戦の強者だったとしたら、当時貴重だった岩塩も使える身分だったかもしれん

73: 婆 ◆HKZsYRUkck 2018/07/13(金) 22:11:33.93 ID:r1rvUsa50

>>53, >>65
獲物のアルプスアイベックスだって塩が無きゃ生きていけないわけで、
それを狩ってた人らも普通に塩場を共有していたと思う。
つまり、ヒト族の中での貴賤による独占とかはありえないと。

76: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 22:16:02.90 ID:lFLRD62n0

>>73
あるいはアイベックスは高所寒冷地でのカロリー源兼塩鉱脈のインジケーターとか

85: 婆 ◆HKZsYRUkck 2018/07/13(金) 22:21:27.94 ID:r1rvUsa50

>>76
それはある気がする。
日本の野生動物は昔は海まで降りて来られたから
ミネラル補給には事欠かなかったけど、今では山と海とが
断絶しているから、線路を舐めに来て列車にぶつかったりしてるよね。

59: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 22:02:28.70 ID:gi92dm1X0

俺の食生活より豪華

74: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 22:12:03.53 ID:3SK+TpOY0

古代の穀物と言うから絶滅種かと思ったら
ヒトツブコムギまだ生えてる所が有るんだね

77: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 22:16:12.17 ID:tB0cvk1a0

同時期ごろのメソポタミアではすでに塩が利用されていたというが、ほぼ川や海の水から作っていたようで、山岳地帯においては極めて貴重だったんじゃないかと

78: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 22:16:47.22 ID:QdAwngJe0

鍋に脂とコムギを放り込んで少し炒めて、
そこに干し肉と水を放り込んで、緩いピラフ状態にする
味は葉っぱでシダを少し混ぜる

悪くない
脂を調味料として使ってたのだろう

99: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 22:33:04.05 ID:JkHKYcjy0

日々の食糧を心配しないといけない狩猟民と
計画的に暮らしていける農耕民を比べてもしょうがないと思う

110: 婆 ◆HKZsYRUkck 2018/07/13(金) 22:42:10.43 ID:r1rvUsa50

>>99
てな描像は、もしかしたら古いのかも知れない。

農耕民は、「計画的に暮らしていける」のではなく
「計画的に暮らさざるを得ない」わけで、しかも常に
略奪に備えなければいけない。
宵越しの備蓄を持たない狩猟民の方が賢いらしいぞ。

119: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 22:47:41.13 ID:JkHKYcjy0

>>110
どうかな

狩猟民も、羊や馬を飼って計画的に生きられるように進化してるからね

121: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 22:49:17.33 ID:V1LU68B00

>>119
節子それ狩猟やない牧畜や

125: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 22:51:11.97 ID:JkHKYcjy0

>>121
そうだよ
そうなるよ

狩猟だけで大きな集団、民族は作れないよ

アフリカとか、部族社会のまんまになる

142: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 23:19:27.14 ID:V1LU68B00

>>125
節子、部族社会は狩猟やない農耕牧畜やっとったんやで

123: 婆 ◆HKZsYRUkck 2018/07/13(金) 22:50:53.23 ID:r1rvUsa50

>>119
いや、牧畜民も放牧民も、農耕民の仲間な気がする。
狩猟採取民は孤高なのだ。

103: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 22:35:56.57 ID:tB0cvk1a0

酷い腰痛持ちで体のあちこちガタがきてるってのに、人間相手に逃げるのもしんどいだろうな

108: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 22:41:19.04 ID:yPc1Fg5+0

日本では縄文人が栗食ってた時代

114: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 22:43:56.11 ID:6WRG4rGj0

ハムみたいでおいしそう

116: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 22:44:14.37 ID:Z2Fcf4AW0

>>1
なんの変哲もない食事すら
ロマンを感じるぜ(´・ω・`)

120: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 22:48:15.88 ID:7t/OS+fl0

生肉はしょっぱいと思うよ

124: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 22:50:59.30 ID:JdSnihTn0

氷河の底に目覚めたる
5300年の戦士たち

126: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 22:51:15.86 ID:7t/OS+fl0

脂肪とか生の脂肪という事か

136: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 22:59:49.75 ID:YBEuq8Zl0

◆2. アイスマンは体の不調に悩まされていた
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/8469/
 結果はあまり健康とは言えないものだ。
 40余りの病状が記載された一覧には関節の摩耗、
 動脈硬化、胆石、足の小指の腫瘍(凍傷によるものと思われる)などが含まれている。

137: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 23:00:03.50 ID:RSiJwdpa0

草食動物の肉でも血液とか肝臓とか食えば
塩分摂取はじゅうぶん可能なんじゃないの

140: 婆 ◆HKZsYRUkck 2018/07/13(金) 23:12:38.72 ID:r1rvUsa50

>>137
食物連鎖で塩循環が解決するためには、
まず、植物が塩を吸わなきゃならん気がする。

144: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 23:20:15.33 ID:RSiJwdpa0

>>140
草食動物は岩塩も舐めたりしてるから植物以外からも摂取してるでしょ

147: 婆 ◆HKZsYRUkck 2018/07/13(金) 23:23:12.25 ID:r1rvUsa50

狩猟採取で、セラミック(土器)と樹脂コーティング(漆)の技術を獲得していた縄文民。

>>144
なるほど、肉食獣は食物からのナトリウム摂取のみで大丈夫、という説か。
うーん、どうなんじゃろ。

151: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 23:33:27.01 ID:NyDZKLTB0

エネルギーの50%が脂肪って、おれもそのくらいの食事にしている。

穀物やそれを減量にした食材はほとんど食べないから、オイルでエネルギーを補っているわ。

152: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 23:35:23.62 ID:xeRZIKGvO

ヤギの脂は固まりやすいから常に腹痛に悩まされてわざとシダ類を口にしてリバースしようとしてたとか

153: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 23:35:51.35 ID:fhKwpJoS0

シダは昔から薬として重用されてたし脂肪は山歩きには便利だから不思議は無いわ

157: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 23:48:16.05 ID:W2BdQ5D30

古代エジプト人はどこまでヨーロッパを把握してたんだろうか。

167: 名無しさん@1周年 2018/07/14(土) 01:36:19.01 ID:nG5jj2x00

なかなかにロマンティックだな
三内丸山だったかで縄文料理食べれるんだっけか、この最後の晩餐も少し現代風にして
出したりしないのかな現地で

169: 名無しさん@1周年 2018/07/14(土) 04:20:48.91 ID:kV+IyI4Z0

シダって食えるのか

170: 名無しさん@1周年 2018/07/14(土) 08:37:15.41 ID:XFjikT620

シダは薬草のあつかいだったんじゃね

81: 名無しさん@1周年 2018/07/13(金) 22:19:17.03 ID:f9VNjyka0

アイスマンのくせにガリガリ君じゃないだと?

不思議ネタ募集中
不思議.netで扱ってほしいネタ、まとめてほしいスレなどがあれば、こちらからご連絡ください。心霊写真の投稿も大歓迎です!
面白いネタやスレは不思議.netで紹介させていただきます!

■ネタ投稿フォームはこちら
https://ws.formzu.net/fgen/S13082310/

 - まとめ