異世界?Twitterで話題の「妙なホテルに着いた話」が不気味で恐ろしい

   

「営業してる。ただ、今年はお前らしか客は来ていない。そうだよな?」と答える爺。その時既に10月。聞き返されて知るかよと思っていたら背後からもう1人おじさんが出てきて「そうだ、俺らはいつも働いている。しかし客が来ないから同時にいつも遊んでいる。ずっと昔から」と妙な会話をする

続く

— 兰色😇通知は死んでいます (@ailanse) 2018年10月7日

会話の内容以前に彼らの英語がまるで幼稚園児のように主語述語文の構成がバラバラでチグハグなので「彼らはヤク中でヤク中のたまり場のホテルだろうか……」と思いあたりを見渡す。壁にかけてあったカレンダーが目に入るも1972年のもの。古めかしさに気味が悪くなりホテルを出ようとする。
続く

— 兰色😇通知は死んでいます (@ailanse) 2018年10月7日

しかしあんなに汚いコーヒーを何故か飲んだという馬鹿な友人①(not日本人、♂)が尿意をもよおしトイレに行ってしまい放って出るわけにも行かず、席で彼らと話しつづける私と友人②(not日本人、♀)。
いつまで経っても帰ってこない友人①。

続く

— 兰色😇通知は死んでいます (@ailanse) 2018年10月7日

話を聞いていると、お爺さんとおじさんは家族でもなくこのホテルのオーナーでもないことが分かる彼らは自分たちを「客を迎える役」と言っていた。
そんな時私もトイレに行きたくなり、友人②を放っておくのは女性でもあるわけだし不安だから彼女に耳打ちして2人でトイレを借りることにした

続く

— 兰色😇通知は死んでいます (@ailanse) 2018年10月7日

トイレは長い廊下の突き当たりにあり、いくつかの客室を横切るがやはり客は1人もいる気配がしないし廊下も歩くだけで誇りが舞うくらい埃まみれだった。
しかし、私たちが女性トイレに入ると驚くものを目にする。
どのトイレもゴミまみれホコリまみれ、1番ひどい個室は血まみれ。

続く

— 兰色😇通知は死んでいます (@ailanse) 2018年10月7日

気持ちが悪くて尿意どころじゃない私はなんでもいいから出ようと友人②に言い、友人①を呼ぶために隣の男性トイレの前で名前を呼んだ。
しかし友人①の気配がなく、怖くなって友人②と廊下を駆け抜けたが、人の気配が無かったはずの先程の客室から沢山の笑い声がして本当に怖くなった。
続く

— 兰色😇通知は死んでいます (@ailanse) 2018年10月7日

フロントでお爺さんとおじさんにとりあえず礼を言い逃げるようにホテルを出ようとしたが、何故かそれを聞いたお爺さんが私たちが口をつけた茶器(陶器)を暖炉に投げ込んだ。
慌てて「何故捨ててしまうのか」と聞いたが「お前達は帰る外の客。もう二度と来ない客。食器はいらない」
と答えられる

続く

— 兰色😇通知は死んでいます (@ailanse) 2018年10月7日

洗うという概念がないのかポリシーなのか何なのかは分からないが私たちが最後にお爺さんと話したのはそこまで。
外に出る瞬間に「みんな帰る。ここはホテルじゃない、駅。みんな来てみんな帰る」とよく分からないことをおじさんが言ってた。
続く

— 兰色😇通知は死んでいます (@ailanse) 2018年10月7日

頭がおかしい人達かもしれないしヤク中かもしれない。
とりあえず話が最初から最後まであまり通じないので分からないけど半泣きの友人②を連れて友人①にはSMSで来た道を戻るとメッセージをいれてから外に出た。
猛スピードで元の道を辿り続けて1時間後くらいにチェーン店のドーナツ屋に入る。
続く

— 兰色😇通知は死んでいます (@ailanse) 2018年10月7日

それから数時間友人②とそのドーナツ屋でお茶をしているとやっと友人①が店に現われ、合流した。
しかし、彼は激怒していた。放って行かれたからかと思ったがそうではなく、彼が見たものは私たちとは違ったからだった。
続く

— 兰色😇通知は死んでいます (@ailanse) 2018年10月7日

彼の話は私たちとは確実に食い違っており、「綺麗なホテルに着いた。お爺さんとおじさん、それとお姉さんとお母さん、小学生くらいの娘さんが出てきて美味しいコーヒーをご馳走されたのに何故君たちはコーヒーも飲まずに出ていったのか」と。
私たちはお爺さんとおじさんしか見ていない。
続く

— 兰色😇通知は死んでいます (@ailanse) 2018年10月7日

さらに、私たちが彼を置いていってから女性達を見たのかと思ったがそうではなくフロントに最初からいたと言う。

ふざけているのかとも思ったが、それなら彼だけがあんな汚いコーヒーを飲んだ理由もわかる

続く

— 兰色😇通知は死んでいます (@ailanse) 2018年10月7日

最初は嘘をつくなと口論になったがお互い真剣そのものだったので「なんだこれ」と気味が悪くなり、お通夜みたいなテンションで目的のレストランも探さずにそのまま家のあたりまで戻り解散。
翌々週この話に興味を持ったほかの友人含め5人ほどで再度訪れることにしたが、全く見つからなかった。

続く

— 兰色😇通知は死んでいます (@ailanse) 2018年10月7日

私が引っ越してから友人①が「実はあのホテルを見つけた!やっぱりいい人達だった!見つけてから何回か遊びに行ってる」と言ってきた。
ふと、私はお爺さんが友人①の飲んだ茶器は捨てなかったなと思い出した。

— 兰色😇通知は死んでいます (@ailanse) 2018年10月7日

その友人①の彼とはその報告以来あまり連絡を取っていませんし最近彼の英語がだんだんとあのお爺さんやおじさんみたいに文法的にバラバラでおかしくなってきてからは繋がっていた連絡先もブロックしました。

以上が私の話です。
信じて頂いても頂かなくても大丈夫です。

— 兰色😇通知は死んでいます (@ailanse) 2018年10月7日

注意
お読みいただきありがとうございます
コピペや転載かと仰ってる方いますが一応私の数年前の話です国は日本じゃないです
信じていただいても頂かなくても大丈夫ですし創作と思っていただいても構わないですが、嘘扱いで煽りや喧嘩ふっかけてくるようなアカウントはブロックさせていただきます。

— 兰色😇通知は死んでいます (@ailanse) 2018年10月7日

Twitterでの反応

FF外から失礼いたします。不思議な話しですねΣ(゚Д゚)お友達は魅入られてしまったのかも知れませんね。もしかしたら、お爺さんやおじさんも。

— モギ (@Mogiyogi33) 2018年10月7日

男性にだけ美女に見え、女性には化け物に見えるという化け物主体の漫画もある事ですし、女性陣にそう見えただけかもしれませんね…あなやあなや……🙏🙏🙏

— アムネシア@梅原 (@daffirin) 2018年10月7日

FF外から失礼します。
なんか面白いオチかと思いきや、背筋がゾゾゾっとする感じですね(´ε`;)
ある意味食器を捨てられて良かったのかも知れませんが、友人①の方のその後が気になりますね。あの世とこの世の境い目みたいな場所だったのでしょうか…

— おり@伊達沼(地雷なし) (@ori0213aki0203) 2018年10月7日

全部読ませてもらいましたが、個人的に、「1番ひどい個室は血まみれだった」という箇所が気になりました。
…なにがあったんですかね…?:(´・ω・`):コ、コワイ

— 結月@めっぞめぞ (@chisa_4579) 2018年10月7日

コーヒーにヤク入ってた説

— むがい🦐 (@infectedperson3) 2018年10月7日

男性と女性で視えているものが違う…
ゾッとしますね…

— 倉華(そうか) (@Soukaotk) 2018年10月7日

文章だけ見ててもゾッとしますが、実際その場で経験したら怖くておかしくなってしまいそう…

ご友人①さんはホテルに着いた時には既に綺麗な所で人々も普通の人達に見えてたのが不気味です。
命が通じあってしまったのかな…?

怖いながらとても興味深い内容でした。

FF外から失礼しました。

— はな (@18kurannn) 2018年10月7日

ホテルの真相は・・・

なんとも不気味で恐ろしい話です。
お爺さんが言う「駅」とは一体・・・、異世界と現実を繋ぐ駅なのでは?と想像してしまいます。

別の世界に迷い込んだのか、それとも友人①さんにだけ違う世界が見えていたのか、果たして真相は・・・。
やはり世界にはまだまだ不思議なことがあるものですね。

 - まとめ