猛スピードで突進してくる900kg超のバイソンをご覧ください

   

みんなの反応

アメリカバイソン、気になったので少し調べてみました。

アメリカバイソン

ウシ科バイソン属に分類されるウシ。別名アメリカヤギュウ。特にアメリカ合衆国やカナダの一部では一般にバッファローとも呼ばれるが、これは誤称とする意見もある。

分布:アメリカ合衆国(アイダホ州、アリゾナ州、カリフォルニア州、サウスダコタ州、モンタナ州、ワイオミング州、ユタ州)、カナダ、メキシコ。

以前はアラスカからカナダ西部・アメリカ合衆国からメキシコ湾沿岸を含むメキシコ北部にかけて分布していた。ワイオミング州のイエローストーン国立公園とノースウェスト準州のウッド・バッファロー国立公園を除いて野生個体群は絶滅し、各地で再導入が行われている。

形態:
体長オス304 - 380センチメートル、メス213 - 318センチメートル。尾長オス33 - 91センチメートル、メス31 - 51センチメートル。
肩高オス167 - 186センチメートル(ヘイゲンバイソン)
または201センチメートル(シンリンバイソン)、メス152 - 157センチメートル。

体重オス544 - 907キログラム(ヘイゲンバイソン)または1179キログラム(シンリンバイソン)、メス318 - 545キログラム。

野生下の最大体重1270キログラム、飼育下の最大体重1,724キログラム。
メスよりもオスの方が大型になる。肩部は盛り上がり、オスでは特に著しい。

ヘイゲンバイソンは他よりも脚が短く背が低い一方で、時速56キロメートルから65キロメートルの速度に達し垂直高1.8メートルものジャンプを可能とするより優れた脚力と持久力を持つ。湾曲した角があり、最大角長61センチメートルに達するが、角だけでなく頭部そのものをも突撃の武器とする。
https://ja.wikipedia.org/wiki/アメリカバイソン

とにかくでかい。そして50キロ以上の速度で走れて1.8メートルのジャンプするってヤバイ。
1トン以上のバイソンが本気出したら人間なんて一撃でやられますね・・・。
そんな強そうなアメリカバイソンも個体数が減っているようで、今は保護されているみたいです。

YouTubeにアメリカバイソンが喧嘩してる動画がありましたので、最後にご紹介。
[embedded content]

うん、強い(確信)

不思議ネタ募集中
不思議.netで扱ってほしいネタ、まとめてほしいスレなどがあれば、こちらからご連絡ください。心霊写真の投稿も大歓迎です!
面白いネタやスレは不思議.netで紹介させていただきます!

■ネタ投稿フォームはこちら
https://ws.formzu.net/fgen/S13082310/

 - まとめ