シャム双生児、多毛症…特異な体質により数奇な人生を送った人たち

   

2. ウバンギ・サベージ

Lippin bei den Sara

写真はコンゴ出身の女性で、アフリカの文化に従って口に円盤型のお皿を入れていています。女性は、6歳の時から唇を伸ばし、徐々に唇が伸びてきたところで、お皿を挿入されるそうです。この儀式は、美を呼び起こすことを目的としています。

3. 黒人のアルビノ家族

Rudolph Lucasie

4. 161歳の女性

Joice heth poster

ジョイス・ヘスは盲目で歯がなく、両足と片方の腕が麻痺した長い爪を持った女性で、なんと161歳だったと言われています。週6日、1日何時間も見世物にされました。

5. 生きるガイコツ

Isaac W Sprague, living skeleton, 1867

アイザック・スプラークは12歳まで普通の子どもでしたが、その後どんどん体重が減少していきました。身長167cmで体重は19.5kgだったそうです。結婚して3人の子どももいました。

6. シャム双生児

Chang-eng-bunker-PD

シャム双生児とは体が結合している双生児で、写真は、有名なシャム双生児「チェン&エン・ブンカー兄弟」です。兄弟はタイ生まれで、その後ショービジネスに参入しました。1838年に引退してから、アメリカに移り、アメリカ国民になります。それぞれ結婚し、22人の子供をもうけたそうです。

7. 犬面男

Fedor Jeftichew Jo-Jo

1867年、ヒョードル・イェフティチョフはロシアで生まれました。毛の成長量が増加する多毛症という病気で、犬の顔をした少年として知られています。

8. アメリカで最も大きかった男性

Goshen-Routh 13

ラウス・ゴシェンは身長2m16cmで体重254kgの巨人です。亡くなった時は窓から運ばれ、棺は玄関に置かれました。

9. 4本足の女性

0zYnE5u

(Credit:imgur)

マートル・コービンは、1868年にテネシー州で生まれ、「4本足の女性」として知られています。おへそから下は2人分の構造で骨盤が2つありました。

10. 小人の結婚式①

tomthumb

(Credit:HISTORY TODAY)

11. 刺青だらけの男

Captain Costentenus

ギリシャ系アルバニア人のジョージは、全身に388個の刺青をしていました。

12. 手足を持たなかった男性

Randian.1906

1871年、ランディアンは手足を持たずにギニアで生まれました。結婚して5人の子どもがいたそうです。

13. フィジーマーメイド

Feejee Mermaid 1

1842年、人間と魚の両方のパーツを持つ、フィジーマーメイドのミイラが発表されました。実際は猿の頭と魚の体を張り子で巻いたものだったようです。

14. チンパンジーに似てるとされた男性

93e6d1fe4ae375a9fc7ff769f47510ad_three_column

(Credit:WHP)

ジップで知られている、ウィリアム・ヘンリー・ジョンソンは小頭症のアフリカ系アメリカ人です。チンパンジーに似ているとして、彼は家族の手によってサーカスを設立したP・T・バーナムのショーに売られてしまいました。

15. 小人の結婚②

Commodore Nutt and Minnie Warren 1865

16. ライオンの顔をした男性

Lionel17

1890年にステファン・ビブロウスは生まれ、多毛症を患っていました。ビブロウスが4歳の時、母親は彼を芸の道に売ったそうです。

17. 大男と小人

Chang Yu-sing the Chinese giant, and Chung Mow, a dwarf. Pho Wellcome V0007381

チャン・ユーシンは1845年中国で生まれました。身長は235cm、中国の巨人で世界で最も高身長な男性として知られていました。写真では小人のチョン・モウと並んでいます。

18. ゴリラ・ガール

Krao Farini 1887

クラオ・フィリーニは黒い肌でチンパンジーの横にいたという理由で、サーカスに売られ、ゴリラ・ガールと呼ばれました。

19. 2つの頭を持つ姉妹

Millie and Christine McCoy by Eisenmann

20. あごひげのある女性

Jones, Annie

あごひげの女性として知られたアニー・ジョーンズは、アメリカで生まれ、多毛症を患っていました。

21. 入れ墨だらけの女性

Nora Hildebrandt, by Charles Eisenmann

ノラヒルデブラントは、アメリカで最初にタトゥーをした女性とされています。女性の父親はプロのタトゥー彫り師で、娘に365個のタトゥーを入れたそうです。

22. 世界で最も大きかった男性

Edouard Beaupre

1888年にカナダのサスカチュワン州で生まれた、エドゥアール・ボープレは世界で最も大きい男性として知られていました。(写真右)

23. 力持ちの女性

Katie Sandwina (the Lady Hercules)

マダムユッカは、「地球上最強の女性」や「女性ヘラクレス」など呼ばれていたそうです。

24. 腕がなかった男性

Charles B Tripp autograph 1907

1855年カナダで生まれたチャールズ・B・トリップは、腕がなかったにも関わらず、柔軟な体を活かし、とても器用に動いたそうです。

壮絶な人生

結婚して子どもに恵まれ、幸せに生きた人もいたようですが、大変な人生だったのかもしれません。現代なら医学の進歩などで、また変わった人生を送ることができたのかもしれませんね。

via:Ranker

不思議ネタ募集中
不思議.netで扱ってほしいネタ、まとめてほしいスレなどがあれば、こちらからご連絡ください。心霊写真の投稿も大歓迎です!
面白いネタやスレは不思議.netで紹介させていただきます!

■ネタ投稿フォームはこちら
https://ws.formzu.net/fgen/S13082310/

 - まとめ