【悲報】女さん、旦那の病気で専業主婦から正社員に「辞めたい辞められない。すげー絶望感…。」

   

download.jpg

1

男は外で働くだけ。気楽でいいよな。
なんて思ってた。
私が働きだした。
年収は450万くらい。旦那と3人の子供を扶養している。
つまり私が大黒柱となった訳だ。

ハッキリ言ってプレッシャーを感じている。
将来への漠然とした不安というのだろうか。
これが予想以上に重いのだ…。
しかもあと20年以上、働かなきゃいけない…。
でも私が働けなくなったら家庭は崩壊する。

辞めたくても、辞められない。
逃げたくても、逃げられない。
すげー絶望感…。
旦那もこんな気持ちだったんだろうか…?
私は旦那にネチネチと文句を言っていた。

だけどその裏で旦那は、このプレッシャーに耐えていたんだなよな…。
どんなに嫌なことがあっても逃げ出せない。
レールの上から振り落とされないよう
耐えて、耐えて、耐え忍ぶしかない。
耐えきれなくなった時は、家族が路頭に迷う時。

重すぎだろ…_| ̄|○
でも世のサラリーマンは、みんなこの重さに耐えているんだよね…?
すげーよ
https://anond.hatelabo.jp/20190419101438

2

実は3人目が生まれてから、マイホームの購入を検討したことがある。

マンションの内覧に行ったり、住宅展示場に行ったり。

私は買う気満々。

でも旦那はテンション低め。

結構いい条件のマンションがあったのに煮え切らない態度。

どうするの?買うの?やめるの?

問い詰める私に、結論をはぐらかす旦那。

アナタはいつだって大事な時に何も決めてくれない!

子供だって産むって決めたのはいつも私だった!

そんなことを旦那に言ってしまった。

2人目ができた時。

あの時も旦那は煮え切らなかった。

産むのか、おろすのか。

離婚してでも産むと、結論を出したのは私だった。

3

3人目はどうしても作りたがらなかったが、旦那が酔った隙にできた。

でも今は旦那の気持ちがよく分かる…。

何か1つ持つたびに、責任は重くなり、逃げ道が無くなっていく。

旦那はそんな地獄にたどり着くのを分かったうえで、淡々と受け入れてくれてたんだなと。

たった一人で、この重さと戦ってくれてたんだなと。

それが巡り巡って、今自分に回ってきたんだなと。

正直、3人も産んだのを後悔している。

親として最低だと思う。

考えちゃダメなこと。

でも考えれば考えるほど、後悔という結論に行きつく。

4

この女つよいな

5

ええんか…

6

涙が出そうや…

7

しっかりとした考えもってる人やな

【悲報】女さん、旦那の病気で専業主婦から正社員に「辞めたい辞められない。すげー絶望感…。」

 - まとめ