三峰結華「雨のち晴れ」

   

D5kBBcp

d_160802pr


シャニマスの雨に定評のある女こと三峰のSSです。
※注 : 少し曇り要素あります。 
2eP7kOh-min

2 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/03(金) 21:24:09 6cS5Qc3g


私は雨の日が好きだ。
多くの人にとって、疎まれる事が多い天気だけれど。
私にとっては特別。
だって。
あの人と出会った日を思い出せるから。
だけど今は。
そんな雨が疎ましい。 

3 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/03(金) 21:25:43 6cS5Qc3g


その日は予報にない雨が降っていた日だった。
私はその日の仕事を終えて、事務所でダラダラ…。
ていうのは名目でプロデューサーを待っていた。
…これはプロデューサーに貸した小説を返してもらうため。
……さくやんみたいにプロデューサーに構って欲しくて待ってるわけではありません。
事務所のホワイトボードを見ると、どうやらプロデューサーは364プロまで打ち合わせに行っているようだ。
あそこ駅近だけど、手前の交差点の交通量多くて凄い信号待たされるんだよなぁ。
プロデューサーの事だから傘も持って行ってないだろうし、ずぶ濡れになって帰ってきそう。
まだプロデューサーの364プロでの打ち合わせが終わるまで少し時間があるみたいだ。
………。
がちゃ。
二人分の傘を持って事務所を出る。
………。
…これはそう…あれだよ。
…プロデューサーに風邪引かれても困るし。 

4 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/03(金) 21:28:55 mcTLdvmo

続:死霊使いと宵闇の雨 -私とともに呪われ堕ちて欲しい-

5 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/03(金) 21:30:41 6cS5Qc3g

─────
───────
スマホでプロデューサーに連絡を取る。
『Pたん、いまドコ?』
少し待って返事が来る。
『今364プロ出たとこ。どうした?』
『何かお困りじゃないかね?』
『急になんだよ…。強いて言うなら雨が降ってるのに傘がないって事かな。』
案の定すぎて、口元がニヤける。
スマホをポケットにしまい、コッソリと近づく。
プロデューサーは背が高いからすぐに分かる。
白いコートがよく似合ってる。
プロデューサーの後ろにぴったりくっついて、つま先を伸ばす。
こういう時さくやんみたいに背が高かったらいいのに。
そして両手をプロデューサーの目元に。
「だーれだ?」 

6 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/03(金) 21:35:46 6cS5Qc3g

少し声を低くして出す。
…分かるかな?
「…結華」
「あったりー!」
プロデューサーの目から両手を離して、目の前に躍り出る。
プロデューサーは少し面食らったような表情をしていた。
「たまたま近くまで来る用事あったから、ついでに傘を届けに来たよ!」
あんまり恩着せがましくないように。
「さっきのLINEはそういう意味か…。わざわざありがとな」
そう言ってプロデューサーが笑う。
ずるい…。
「Pたんのことだから、折り畳み傘とか携帯してないだろうなーって」
顔に出てないよね。
「面目無い…。しかし何かと雨の日は結華に縁があるな」
プロデューサーの中で雨=私になってるのが嬉しい。
「Pたんと三峰は雨イベント多いのかもねー」
平常心。平常心。
そういってプロデューサーに傘を渡して歩き出す。 

7 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/03(金) 21:41:23 6cS5Qc3g

─────
───────
その日の仕事の内容とかを話しながら、事務所への帰路を歩く。
「そういえば、さっきよく三峰って気づいたねー」
ガチで三峰が出せる限りの低い声だったんだけどなー。
「LINEであのやり取りした後だしなぁ」
それもそうかも。
「でも、いっつも結華の声は聞いてるしな」
「事前のやり取りがなくても気づいてたよ」
…この人はほんとズルい。
む、無自覚でこういうこと言うんだから。
「…ほ、ほんとかなぁ?Pたん結構テキトーだからなぁ」
平常心。平常心だ。
「…実のところ別の要素で気づいてた」
「…怒らない?」
なんだろう?
「…結華の匂いがした」
…!!!!!
「Pたん…ヘンタイっぽい…」
「怒らないっていったのに…」
怒ってないよ。
ただニオイを覚えられてるって何だか…こう…むずむずする…。
………嫌じゃないけれど。 

8 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/03(金) 21:46:09 6cS5Qc3g

それから他愛ない話をしながら、帰路を歩いていると
件の待ち時間の長い交差点の信号に捕まった。
「そういえば、小説全部読んだー?」
雨が強くなってきている。
「ああ、全部読んだぞ。面白かった」
車の信号が青から黄色に変わる。
「おー、じゃあ最後まで語れるねぇ」
「ラストシーンの解釈は、意見分かれそうだよな」
信号が赤に。
「自分に正直になれない病にかかった少女が最後に告白したのは本心か否かってヤツだよね」
「そこだな。…ただ俺はどっちでもないっていうか…」
歩行者用の信号が青に変わる。
「Pたんオリジナルの解釈ってヤツ?面白そう!」
プロデューサーのほうを向いたまま駆け出す。
「早く事務所でコーヒーでも飲みながら教えてよ!」
横からトラックが迫ってきているのも気づかずに。
「結華!!!!!!」 

9 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/03(金) 21:50:46 6cS5Qc3g


何が起こったか分からなかった。
突然横からトラックが突っ込んできて。
プロデューサーの声が聞こえたと思ったら、突き飛ばされてて。
気がついたら道路に横たわっていた。
辺りを見渡す。
先ほどのトラックが歩道のガードレールに突っ込んでいた。
幸い歩道に突っ込んで人を跳ねたりはしていないようだった。
…プロデューサーは?
心臓の鼓動が早くなる。
白のシルエットを探す。
どこにいるんだろう。
アンティーカの面々の無茶振りに耐える人だ。
きっと大丈夫。 

11 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/03(金) 21:52:04 epGhU2IY


泣く(呪怨) 

DLhKDrTVwAAOoap

お姉ちゃんは宇宙。

12 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/03(金) 21:52:46 6cS5Qc3g


その時だった。
視界の端に赤いシルエットが映る。
それは人がうずくまったような形をしていて。
"嘘に決まってる"
少しずつ近づく。
"だけど"
プロデューサーの白いコートが真っ赤に染まっていた。
"本当は最初から気がついていたんだろう?"
「いやぁぁぁぁぁァァァ!!!!!!!!」 

13 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/03(金) 21:56:57 6cS5Qc3g


「いやー死んだかと思ったな」
翌日、頭に包帯を巻いてベットの上でピンピンしているプロデューサーがそこにいた。
「本当に心配したよ…」
「うぅ…無事でよかったばい…プロデューサー」
アンティーカの面々が心配を口々にする。
「なんか掠って吹っ飛ばされた時に軽く頭打ったみたいでな」
「その時に軽く血も出たらしい」
「あのコート気に入ってたのに…」
アンティーカの心配をよそに血がついたコートを嘆くプロデューサー。
相変わらずどこかズレてる人だ。
「プロデューサーを轢いたトラック、居眠り運転だったらしいね」
さくやんが淡々と語る。
「らしいな。まぁ起きてしまったことは仕方ない。幸い俺の他に怪我人もいないらしいし不幸中の幸いってヤツだろ」
「何いっとるの!下手したら死んどったよ!?」
こがたんが声を荒げる。
どうどうとそれを嗜めるプロデューサー。
…そうだ。
下手したら死んでいたのだ。
私の、せいで。
「そうだ、結華は大丈夫だったか?」
「私は…大丈夫だよ…」
「そっか。ならよかったよ」
みんなには言えなかった。
私を庇ってプロデューサーが轢かれたなんて。
私は…最低だ…。 

14 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/03(金) 22:01:26 6cS5Qc3g


その後、お見舞いのフルーツ盛り合わせをプロデューサーに無理やり食べさせたりしているうちに面会終了時間が訪れた。
「明日も来るからねー」
まみみんがプロデューサーに手を振る。
「仕事サボるなよー。学校もだぞー」
プロデューサーも手を振る。
その後、病院の前で解散した。
…けれど、私は一人でプロデューサーの病室に戻った。
謝らないといけない。
私を庇ってプロデューサーは轢かれたんだから。
ナースステーションの人に無理を言って入れてもらう。
がらがら。
病室の扉を開く。
プロデューサーは本を読んでいるようだった。
「プロデューサー…」
「…結華?…どうした忘れ物か?」
とても大きな忘れ物だ。
「うん…」
「なにを忘れたんだ?」 

15 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/03(金) 22:09:30 6cS5Qc3g


「プロデューサーに…ごめんなさい…してない」
「…?なんか結華が謝らなきゃいけないようなことしたか?」
この人は本当にそう思っているのだろう。
だけど、私は謝らないといけない。
「プロデューサー、ごめんなさい」
「私が不注意だったから、プロデューサーが私を庇って…」
「本当に、ごめんなさい」
頭を下げる。
「…顔を上げてくれ結華」
「咲耶も言ってた通り、今回の件はトラックの運転手さんが居眠り運転をしていたのが問題だ」
「青信号なのに不注意だったなんて言ったら、誰も安心して横断歩道を渡れないよ」
「とにかくお互いに軽い怪我で済んだんだからよかったよ」
この人は…本当に…優しすぎる…。
「ごめんなさい…!ごめんなさいプロデューサー…!」
「泣くな泣くな。俺は生きてるから大丈夫だぞー」 

16 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/03(金) 22:15:19 6cS5Qc3g

…恥ずかしい。
結局泣き止むまで頭を撫で続けられていた。
「落ち着いたか?」
「…うん」
「ならぼちぼち帰りなさい。もう日も暮れてきたし」
プロデューサーの顔をまともに見れない。
視線を適当なところに外して返事をする。
「…わかった」
そうしてウロウロしていた視線がデスクの上の一冊の本を捉えた。
私が貸した本だ。
さっき私が病室に入る時にプロデューサーが読んでいた本はこれだったみたいだ。
「貸した本…読み直してたの?」
昨日、全て読んだと言っていたのでふと気になって反射的に聞いていた。
今思えば。
聞かなければよかったのかもしれない。 

かじょう愛され恋獄-第一章・敗北勇者に捕縛溺愛搾精-

17 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/03(金) 22:19:06 6cS5Qc3g


「うん?まだ全部読んでないぞ?」
「…昨日Pたん全部読んだって言ってたよね?」
「…俺そんなこと言ったか?まだ半分くらいしか読んでないぞ?」
どういうことなのだろう。
三峰が間違えている?
いや、確かに昨日そう聞いたはずだ。
事務所に戻ってプロデューサーの感想を聞かせて貰うのを楽しみにしていたくらいだ。
「あ…雨降ってきちゃったぞ」
しとしと。
窓の外を見ると確かに雨が降り出していた。
「昨日も雨だったから、車も変にスリップしやすかったのかもなぁ」
…居眠り運転だからきっと関係ないと思う。
「今度は結華が轢かれても嫌だから早く帰ったほうがいいぞ」
「…三峰的には雨の日は特別な日だからあんまり嫌な思い出を増やしたくないな」
思ったままの言葉を呟いた。
その後の答えなんて考えもせず。
「結華は雨の日に何かあったのか?」 

19 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/03(金) 22:23:04 6cS5Qc3g


…???
「プロデューサー、三峰をからかってる?」
「…?」
とぼけているようには見えなかった。
「プロデューサーと三峰にとって雨の日は特別な日でしょ?」
冗談だと信じたい。
「…雨の日…特別?」
だけど。
「すまん…本当に分からない」
プロデューサーは頭を打っていて。
「教えてくれないか?」
何より、本当に知らない時の顔をしているから。
………。
「…プロデューサー、私と初めて会った時のこと思い出せる?」
この質問に答えられなかったら。
「担当プロデューサーに何言ってるんだ?そんなの…」
貴方は。
「…あれ?」
「…分からない。おかしい」
やっぱり。
「おかしい!俺と結華の出会いは…!ッッ!!!」
「頭が…痛い…!」
「プロデューサー!?大丈夫!?」
「っっぅぅぅぁぁぁぁぁぁぁぁ!」 

20 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/03(金) 22:26:52 6cS5Qc3g


記憶喪失。
文字通り記憶を喪失する症状。
ただ喪失する記憶にもいくつか種類があるらしく。
自転車に乗るといった身体で覚える"手続き記憶"
言葉の意味などの知識である"意味記憶"
そして体験や思い出である"エピソード記憶"
プロデューサーが今回喪失した記憶は"エピソード記憶"らしい。
ただ具体的にどんな記憶が失われているかは分からない。
普通に私の名前も覚えていたし、自分の立場なども覚えていた。
だけど。
私が貸した小説。
私との出会い。
プロデューサーの記憶からは無くなっていた。
他にも何か失っている可能性はあるらしいが、日常生活を送っているうちにふと気がついたり、いつのまにか思い出したりするらしい。
でも私は。
きっと罰だと思うんだ。
私のせいでプロデューサーを。
事故に巻き込んだ罰。 

21 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/03(金) 22:34:30 6cS5Qc3g


もし見てくれている方がいらっしゃったらごめんなさい。
誤って書き溜めを消してしまいました。
復旧させるつもりですが、明日、明後日になるかもしれません。
スレが残っていれば復旧次第、続きを出します。 

22 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/03(金) 22:36:26 0jQrcAvg


いつしか雨は止み、そこには虹がかかるんだよなぁ… 

【ASMR】【W超リアル耳舐め】和み隠れ家 あまえた楼 姫華【高音質バイノーラル】

26 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/03(金) 23:21:45 gMHQLFSI


いい文章してるけど何かスポーツはやってたの? 

27 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/03(金) 23:25:15 pnpLVwGc


お待ちしてナス! 

31 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/04(土) 07:26:33 4tIJwVs.


止まない雨は無いってそれ一番言われてるから 
32 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/04(土) 19:50:20 DWv/hGIk

復旧できたので、続けます 

33 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/04(土) 19:51:35 DWv/hGIk


あれから一週間ほど検査入院をした後にプロデューサーは退院した。
その後特に記憶に異常も見つかっておらず、プロデューサー自身早く仕事に復帰したがっていたためだ。
だけどお医者さんが言っていた。
喪失した記憶を無理に引き出そうとすると、心身ともに負担がかかる為、踏み込んではいけないと。
実際どうなるのかは私は目の当たりにしている。
…二度とああはさせない。
プロデューサー復帰にあたって、事務所にも記憶喪失の件は伝えられた。
はじめの一週間ほどは、事務所全体がプロデューサーにおっかなびっくりで対応していたけれど、別に記憶に支障は無くて2週目にはすぐにいつも通りの対応になった。
…私を除いて。
「結華!」
「Pたん…どうしたの?」
「なんか…最近俺のこと避けてないか?」
「…そんなことないよ」
「でも、最近全然結華と話してない」
「…たまたまだよ」
「でも…」
「…それより何か三峰に用があったんじゃないの?」
「いや…用事があったわけじゃないんだが…」
ごめんプロデューサー。
「…ないならいくね?」
足早にその場を後にする。 

34 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/04(土) 19:56:38 DWv/hGIk

プロデューサーを避ける理由は2つある。
1つはプロデューサーは私に関する記憶を失っているから。
ふとした会話の弾みで、喪失した記憶を想起させてしまって以前のようにプロデューサーが苦しむことになるかもしれない。
2つ目は…怖いから。
分かってる。
プロデューサーは悪くないって。
だけど。
プロデューサーと三峰の"特別"が失われたのを目の当たりにして。
他にも何か大切な思い出が失われていることを知ってしまうのが…怖い。
私達の特別がこれ以上無くなってしまうのが…怖い。
ごめんね。プロデューサー。
弱い三峰を許してください。 

35 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/04(土) 20:02:10 DWv/hGIk


それから何事もなく日々は過ぎていって。
一ヶ月が経つ頃には、あんな事故初めからなかったようにいつも通りになっていた。
そして今日はアンティーカとしての撮影。 
湖畔キャンプ場と言うロケーションで、1日を過ごすアンティーカに密着という企画で。
既に夕食はカレーにすると張り切っているこがたんや、アウトドアでの怪我対策として救急箱の中身を何度もチェックするきりりんといった具合にメンバーそれぞれ特色のある振る舞いを見せていた。
「結華、元気がないね」
移動中のバンの中でさくやんに声を掛けられた。
「そうかなぁ?三峰はいつも通りだよ?」
いつも通りのテンション。
「…確かに一時期と比べたらいつも通りかもね」
いつも通りの笑顔。
「だけど気がついてるかな」
大丈夫。ちゃんと笑えてるはず。
「時々物憂げな視線で窓の向こうをボーっと見てるよ」
「無くした何かを探すみたいに」
「さくやんには…敵わないね」
「これでも王子様なんて言われてるからね。女の子の観察には自信があるんだ」
実際アンティーカ内の細やかな問題が大きくなる前に潰せてるのはさくやんのこうした気配りがあるからこそだと思う。 

36 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/04(土) 20:05:55 DWv/hGIk


「じゃあ…理由までわかっちゃうカンジ?」
どうか許して。
「いや、流石にそこまではわからないよ」
…よかった。
「だけど」
「もし悩んでることがあるなら気兼ねなく相談してほしいな」
「私達は友達だろう?」
さくやん…。
「…ありがとう」
だけど。
これは私のわがままだ。
「今すぐはちょっと難しいけれど」
あの"特別"は。
「時期が来たら、ちゃんと話すよ」
貴方だけに知っていてほしいから。
「だから、心配しないで?」
覚えていて欲しかった。 

37 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/04(土) 20:09:16 DWv/hGIk


「結華がそういうなら、私は待つよ」
「でも、何かあったら遠慮なく言ってほしいな」
…私は幸せものだ。
こんなに良い仲間に恵まれて。
だからこそ、何も言えないのが辛い。
「ありがと…さくやん」
「どういたしまして。さて…もうすぐ着くみたいだね」
そういってさくやんが窓の外に視線を移す。
さくやんに倣って窓の外を見ると、大きな湖とそのほとりに建つ立派なバンガローがいくつか見えた。
あれが今日の宿泊地だろう。
他のメンバーも気がついたようだ。
「すごかー!!!今日はあそこに泊まると!?」
「おぉー、実際に見るとテンション上がってくるね~」
「今日は楽しもうね」
さくやんが耳打ちしてくる。
「…うん!」 

Le dernier saint chevalier
38 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/04(土) 20:12:55 DWv/hGIk

その後はキャンプ場に着いてから撮影が始まったけれど、トントン拍子で進んでいった。
そんなこんなで時間は過ぎて今は夕飯の準備中。
三峰は火起こし担当で、慣れない火起こしを悪戦苦闘しながらなんとかやり遂げたところだ。
隣の炊事場からは、調理担当のこがたんときりりんが張り切る声が聞こえてくる。
…慣れない火起こしもやって見ると案外楽しいかもしれない。
そうして起こした火をボーっと眺めていると、ふと頬に冷たさを感じた。
それからは本降りになるまでは早かった。
炊事場には屋根が付いているから、幸い濡れずに済んだけれど。
あまりの雨の強さに、今日の撮影は早々に終了することになった。
スタッフさんもバンガローに早々に引き上げて酒盛りをやるらしい。
ざぁーざぁー
スタッフさんと同じくバンガローに引き上げても良かったけれど。
なんだかこの雨の音が聴きたくて。
一人で炊事場の端っこに座っていた。
…やっぱり雨は好きだ。
この音はなんだか落ち着く。
「…!」
「…?」
そんな時だった。
雨の音に紛れて、人の声が聞こえて来た。 

39 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/04(土) 20:16:12 DWv/hGIk


「いやーしかしほんとに急に降って来たなぁ」
プロデューサーの声。
「プロデューサーが雨男なんじゃないかい?」
さくやんの声。
「いやいや、そんなことないぞ」
「本当かい?」
二人が傘を差しながら、こちらに向かってくる。
…なんだか二人の間に割って入るのも気が引けたので、変わらず座っていることにした。
ここからなら、洗い場の影になって二人からは見えないだろうし。
「…それにしても傘を持って来てくれて助かったよプロデューサー」
「それは別にいいよ。それより意外だったなぁ」
二人は何処かから戻って来たようだった。
「咲耶がアスレチックに興味しんしんだったなんて」
「っ…もうっ!いいじゃないかそれは!」
アスレチック。ここから少し歩いたところにある子供向けの遊具がたくさんあるところ。
昼に撮影で行ったから知っている。 

40 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/04(土) 20:19:12 DWv/hGIk

「でも一人でアスレチックに興じる咲耶は普段とギャップがあって良かったぞ」
「…もう知らないっ!」
普段は冷静沈着で、私よりも年上に見えて大人びているさくやんが。
プロデューサーと二人きりだと年相応の振る舞いをしている。
なんだか、モヤモヤする。
「はは、怒るなよ。誰にも言わないからさ」
「…約束してくれる?」
「ああ、二人だけの"特別"な秘密だ」
「じゃあ…ゆびきり」
それは私の。
「「ゆーびきーりげーんまーん」」
私とプロデューサーだけの。
「「うそついたらはりせんぼんのーます」」
とらないで。
「「ゆびきった」」
…あれ?
どうかしたのかい?
今そこに誰かいたか?
いや…私は気がつかなかったけれど…
そうか…人影が見えたかと思ったんだけれど…
それよりも約束はちゃんと守ってねプロデューサー。
ああ。二人だけの"特別"だ。…ッ!
大丈夫かい!?
…ああ、大丈夫。
…だけど、なんだろう。
何かを…忘れてるような気がする。 

41 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/04(土) 20:23:43 DWv/hGIk

私は雨の日が好きだ。
多くの人にとって、疎まれる事が多い天気だけれど。
私にとっては特別。
だって。
あの人と出会った日を思い出せるから。
だけど今は。
そんな雨が疎ましい。
どれくらい走っただろう。
雨に濡れるのも構わずに走った。
これ以上何もとられたくなかった。
あの人が忘れてしまっても。
せめて私が覚えていれば、それは立派な思い出だった。
だけど。
神様は残酷だ。
私から全て取り上げるつもりなのだろう。 

妹!せいかつ ~モノクローム~

42 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/04(土) 20:26:45 DWv/hGIk


ざぁーざぁー
身体中を雨が打ち付ける。
とても静かだ。
雨の音以外聞こえない。
空を見上げる。
空には分厚い雲がかかっていて。
まるで私の心を表しているみたいだった。
それでいいんだろう。
私の醜い本心を隠してくれるから。
もう少しだけこうしていよう。
ちゃんと雲で心を覆わないと。
あの二人の前で笑えないから。
ふと思った。
神様はむしろ優しいんだと。
プロデューサーの命は取らなかった代わりに。
思い出だけ持って行った。 

43 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/04(土) 20:28:39 DWv/hGIk

だから後は。
私が笑えばいいだけ。
だれにも悟られないように。
この思い出を胸に抱いて。
だけど。
寂しい。
寂しいよ。
「寂し"い"よ"…プロデューサ"ー"…!」
その時。
私の視界が何かに遮られて。
傘だった。
「風邪引くぞ、結華」 

44 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/04(土) 20:32:14 DWv/hGIk


「…どうして?」
「バンガローに戻ったら結華がおらんー!って恋鐘が騒いでてな」
「慌てて探しに来たよ」
「そんな傘も差さずに雨に打たれてたら風邪引くぞ」
「ほら、帰ろう」
そういってもう一本の傘を差し出すプロデューサー。
それはなんだか。
あの日と逆のようで。
咄嗟に傘から飛び出す。
雨はやっぱり好きだ。
この溢れる雫を隠してくれるから。
「あ、雨も滴るいい女三峰ってね!」
笑わなきゃ。
「なんかこういうの一回やって見たかったんだよねー!」
私は笑わなきゃいけないんだ。
「なんか少年漫画っぽくてよくない!?」
私が笑えば、この話は全部ハッピーエンドなんだから。
「なぁ結華」
「なんで泣いてるんだ?」 

45 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/04(土) 20:34:31 DWv/hGIk
「な、泣いてないよ?雨のせいでそう見えるんじゃない?」
きっとプロデューサーの事だから適当に言ってる。誤魔化してみせる。
「泣いてるよ」
「泣いてないよ?」
なんで言い切れるのだろう。
「泣いてる」
「泣いてない」
なんで?
「泣いてる」
「泣いてない!」
どうして…。
「前に結華がどうしても受かりたかったオーディションに落ちた時、同じ顔してた」
「泣くのを必死に堪えて、何かに耐えるような」
「そんな顔」
どうして。
そんな忘れて欲しいことは覚えてるの。
「最近ふとした時にそんな顔してたから」
「心配だったよ」
やめて…。
私を気遣わないで。
「もし何か悩んでることがあるなら」
「遠慮なく話して欲しい」
「俺は結華のプロデューサーなんだから」
笑顔の仮面が。
壊れてしまうから。 

46 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/04(土) 20:36:33 DWv/hGIk

ざぁーざぁー
雨は変わらず降り注いでいる。
私も押し流してくれたらいいのに。
だけど。
私を見つめる二つの瞳からは逃げれられない。
「あーあ…」
「頑張って隠せてたと思ったんだけどなー」
彼が差す傘に入る。
「…何があったんだ?」
「私の"特別"をとられちゃったんだよ」
これはきっとやつあたりだ。
「"特別"って?」
「誰かさんと三峰だけの"特別"」
プロデューサーの記憶を刺激してしまうかもしれない。頭ではわかっていたけれど。
「それを神様にとられちゃったんだ」
この溢れる想いはもう止められなかった。 

47 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/04(土) 20:38:23 DWv/hGIk

「"特別"…"特別"…」
プロデューサーが頭を抱える。
「もういいんだよプロデューサー」
これは本心だ。
私のことでこれ以上苦しんで欲しくない。
「これはきっと…時間が解決してくれるから」
「だからもういいんだよ」
変わらず頭を抱えるプロデューサー。
「いや…待ってくれ…何か…何か思い出せそうなんだ…」
「そうだ…!今日みたいな雨の日だった…
「そこで誰かと…!誰かと会ったんだ…!…ッッ!!!」
プロデューサーが呻き出す。
これ以上はまずい。
プロデューサーが壊れてしまう。
そんなこと私は望んでいないから。
だから。
「咲耶」
「え…?」
「さくやんと一緒に遊んだんじゃないかな?」
「咲耶…?そうだ咲耶…!」
よかった。
これでプロデューサーは大丈夫。
後はもう一度仮面を作って被るだけ。
大丈夫。私にならできる。 

我ら、音めぐり同好会 ~無印~

50 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/04(土) 20:42:50 DWv/hGIk


「いや」
「違う」
「咲耶じゃない」
「あの子は咲耶じゃない」
「大切にアイドルグッズを抱えてたあの子は咲耶じゃない」
「誰なんだ!ここまで出かかっているんだ!」
やめて。
希望を持たせないで。
「ッゥぁぁぁァァァァァ!!!」
「プロデューサー!しっかりして!」
その時だった。
轟音とともに雷鳴が轟いた。
「ひぃゃぁ!!!!」
驚いて咄嗟にプロデューサーに勢いよくしがみつく。
勢い余ってそのままプロデューサーを押し倒しまい…?
背中から勢いよくプロデューサーを押し倒してしまった。
「ご、ごめん!プロデューサー!大丈夫!?」
背中からとは言え、結構な勢いがあった。
そう言って顔を上げると。
目の前にプロデューサーの顔があった。 

51 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/04(土) 20:46:07 DWv/hGIk

「結華」
「ひゃ、ひゃい!」
顔が近く、耳元で囁かれたようになってしまい変な声が出る。
「結華だ」
「そ、そうですよ!三峰です!」
咄嗟に上半身を起こす。
プロデューサーにマウントを取ってるような姿勢になってしまった。
「雨宿りしていた女の子は、結華だ」
「ようやく、思い出した」
「雨の日は俺と結華が出会った"特別"な日」
「だよな?」
…!!!!!
「プロデューサー!!!!!」
感極まって咄嗟に彼に抱きついていた。
さっきまであれほど強く降っていた雨は。
雷が蹴散らしてしまったの如く、ぴたりと止んでいて。
雲の隙間から差し込む光が、空に虹を架けていた。 

52 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/04(土) 20:46:53 Tpl/FHXY


やったぜ。 

54 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/04(土) 20:47:43 DWv/hGIk


二人でバンガローまでの帰路を歩く。
「なぁ…雨も止んだし歩きにくいんだが…」
「三峰を泣かせた罰ですー!もうお日様も出てきてるから日傘ってことで!」
相合傘で。
さっきまで空を覆っていた雲もすぐに何処かに消えて、あたり一面は青空が広がっていた。
「それにしても結華との記憶だけ無くなるなんて、おかしなこともあるもんだよな」
「ほんとだよ!Pたん忘れたフリしてるのかと思ってたんだから!」
「他の記憶も思い出せてるかな?」
「ていうと…私が貸した小説?」
「…おお!思い出せるぞ!」
「って…記憶なくしてからまた読んでたからじゃないの?」
「いーや、あれのラストシーンの解釈について話すって言ってただろ?」
「おお!覚えてんじゃん!」
「えーっと…"自分に正直になれない病にかかった女の子が最後にした告白は本心か否か?"って話だったよね」
「で、俺はそんな解釈じゃなかったわけで…」
「折角だから今聞かせてよ!」
「というか解釈というか感想なんだけど…いいか?」
「うん!」 

55 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/04(土) 20:49:31 DWv/hGIk

「えーっと…」
「自分に正直になれない病の女の子はさ…多分病気なんかじゃないんだよ」
「は?」
「作中で明確に病気だと断定されてるシーンなんてなくて、彼女が自称してるだけだろ?」
「それはたしかに…そうかもだけど…」
「でだ、ラストシーンで今まで自分を支えてくれた青年に告白するシーンに関しては"本心でもあり"、"本心でもない"と思った」
「…どういうこと?」
「自分を愛して欲しいっていう本心と、自分なんか彼に相応しくないから振って欲しいっていう二つの気持ちが同居してる感じ」
「なにそれ…?」
「彼女はどっちに転んでもよかったんだよ。だからこそ正直になれない病を自称してた」
「…?」
「振られても病のせいってことに出来るし、
受け入れられたら青年のおかげで病気が治ったことにすればいい」
「つまるところ作中ではハツラツと振舞ってる彼女はとても奥手で怖がりだってことだ」
「え~?なにそれ~?なんか夢がないよ~?」
「そうか?俺はこの考え方のほうが彼女が人間らしくて好きだぞ」
「そうかなぁ~?三峰的にはなんかジメジメしててやだな~」
「…俺が大好きな誰かさんもそんな性格だからな」
「えっ、今なんて?」
「…内緒だ!」 

56 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/04(土) 20:50:03 DWv/hGIk
摩美々「ふーん…相合傘かぁ…」
恋鐘「結華…ずるか…」
霧子「………」
咲耶「結華、なんだかスッキリした顔してるね」
結華「ちょ、ちょーっと待って!?」
P「(よし、楽しく話せたな)」 

57 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/04(土) 20:50:20 DWv/hGIk

以上です。
最近シャニマス始めましたが、三峰がどストライクでした。
自分の三峰像を書いていましたが、解釈が違ったら申し訳ありません。 
三峰結華8-min
【ハイレゾ×KU100バイノーラル】耳かきリフレ『春乃撫子』へようこそ~ダブルご奉仕で、旦那様を幸せにします♪

58 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/04(土) 20:52:09 57caMA2M


これは記憶を思い出せるかが好感度で分岐になっているパターン 

59 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/04(土) 20:52:35 FpRmXV1Q


あの日、幸せが約束されたの 
DqmCgItW4AAbGMZ

60 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/04(土) 20:58:45 JZS/gvqg


いいSSやこれは…
感謝祭の三峰も見てくれよな 

61 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/04(土) 21:01:04 PmrBqzX6


いいssだ…(恍惚) 

62 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/04(土) 21:05:25 NfSG.PQ6


シャニマスSSって一通りカード揃えてコミュ読んでtrue見てキャラ把握しなくちゃいけないからハードル高そう
限定を逃したらそのキャラを完全に理解する機会は失われるし 

dHZRm86-min

63 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/04(土) 21:06:48 FpRmXV1Q


ちょっと探せばコミュの動画は上がってるので見ようと思えば見れますけどまあ邪道ですね 

65 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/04(土) 21:28:25 9TOKnRZE


これは雨が似合う最高の女 

66 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/05(日) 00:55:45 FuO622fM


む゛う゛う゛ん…(男泣き) 
DHJ2CpUVoAA0kYS-min

67 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/05(日) 00:59:07 PFVs1RyQ


アイドルは笑顔が一番、はっきりわかんだね 

70 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/05(日) 18:16:17 TcTaVBIg


これはいいSSだな…… 

おどおどした根暗女の子が密室豹変 音を立てずに耳元で荒い息で孕ませ密着逆レイプ

68 : 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/05/05(日) 01:19:32 KJf0T8uE


やっぱり三峰を…最高やな! 
07b524570dbf76e9a64ea97cb031c862https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/20196/1556886207/

サマーアイドル2019おめでとうございます

Tweetこのエントリーをはてなブックマークに追加

アイドルマスター シャイニーカラーズ ラバーストラップ (ユニット衣装Ver.) BOX.A(BOX)

【雨音喫茶】道草屋 すずしろ7-雨のち晴れの日【目隠しマッサージ】
【雨音喫茶】道草屋 すずしろ7-雨のち晴れの日【目隠しマッサージ】 


生物部の後輩はねっとり耳舐めしその様子を観察する【ハイレゾ/バイノ―ラル】

「アイドルマスター」カテゴリの最新記事

「SS」カテゴリの最新記事

タグ :
アイドルマスターシャイニーカラーズ
シャニマス
三峰結華
SS

 - まとめ