【地獄】阪神矢野監督、選手に「やる気レポート」を書かせて提出させる

   

tsugaku

「星野流リポート」で覇権奪回 !!  阪神矢野燿大監督(50)が31日から始まる高知・安芸秋季キャンプの参加選手に「やる気リポート」の提出を義務づけていることが28日、分かった。
キャンプ前に個々の課題を明確化し、首脳陣と共有する狙いがある。星野監督も03年春季キャンプ前に課して18年ぶりのリーグ優勝につなげた。ペンを走らせてVへの土台を築く。この日で甲子園での秋季練習を打ち上げた。

矢野阪神は闘将イズムでV奪回への第1歩を刻む。秋季キャンプ参加メンバー34人に「やる気リポート」の提出を課し、31日のキャンプインまでに首脳陣が目を通すことになった。矢野監督がその狙いを説明する。

「いつも俺が言う自主性という部分でも自分がどうしたいかを、自分でも分かっておくのと、こっちも分かっておきたいのと、また(選手と首脳陣で認識の)ズレも出てくる。そこは話し合って決めていける」

今季は最終盤の6連勝締めでAクラスに入ったが、指揮官に慢心はない。「まだ強いチームではない」。この日で秋季練習を終了。
野手はスローボール打ちのフリー打撃やロングティー打撃などで心身を整えた。「予定通り。やれることやって高知へ行ける」。そう語った上で指揮官は3日後に迫ったキャンプのテーマを明かした。

幼稚園かな?

頭わるすぎる

「より個々のレベルを上げていくのが秋のキャンプになる。自分がどうやったら試合に出られるか、どうやったらレギュラーになれるかを目指してやっていく」

矢野監督は1年間通して自主性を促してきた。強制ではなく、個々が自発的に目的意識を持つ大切さを説く。課題をはっきりさせるためにもリポートで思考を整理させる。
「自分がどうしたいか、当たり前だけど考えていかないと書けない」。選手と指導陣で共有し、練習メニューなどに反映させたい狙いもある。

指揮官は「去年もやってるんちゃう?」と記憶をたどる。実は師と慕い、18年1月に急逝した星野仙一氏も阪神監督当時、採り入れた方法だ。
01年の就任直後、首脳陣や選手に「チーム再建論」のリポート提出を命じた。03年春季キャンプ前も「個々のテーマ」をお題にナインの記入をうながした。練習メニューに反映させ、18年ぶり優勝の土台作りに成功した。
当時、正捕手だった矢野監督の方策は「星野流」そのものだ。

明日30日に高知入りし、31日から20年の挑戦がスタートする。15年ぶりの栄冠に向けて、まずは頭から汗をかく。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191029-10280786-nksports-base

Fラン大学っぽい

かんとくあのね。

ええやんけ
藤浪にも書かせろ

>>8
殺る気レポートやんけ

>>8
きょうは4回もあてました
まあまあです

>>8
藤浪「阪神脱出」

会社でよくあるやつや

部活やん

糸井とか字書けるんか

江越は配球レポート書け

ブラック企業

そんなん、当たり前やん!

ひまわり学級球団

昭和の中小企業みたいなことしてんな

そういうとこ創価っぽさ全開だよな

離職率の高い職場によくあるやつ

野球選手に頭使わせるなよ疲れるやろ

なんでそんな頭悪そうなネーミングにするんだ

>>27
同じことやるにしても何故もっとまともな名前をつけようと思わなかったのか

3日で書いてこいってのもポイント高い

阪神小学校

申し訳ないでやんす。やる気はないでやんす。

創価流やな

とら組のやのせんせい

ネーミングが最悪なだけでやってる事は普通やろ

感動ファーストやぞ

練習の合間に雑談しながら確認すればいいやん
プライベート時間侵略すんな

キマってんなァ


 - まとめ