【愕然】川島海荷(26)さんのラブシーンwwwwwwwww

   

女優の川島海荷、俳優の白洲迅が、ABCテレビの新ドラマ「僕らは恋がヘタすぎる」(10月25日スタート/毎週日曜よる11時55分~)でW主演を務めることが発表された。

「コミックシーモア」で人気のオリジナルコミック「僕らは恋がヘタすぎる」(橘えいこ/ソルマーレ編集部)を実写ドラマ化する今作。 

初共演の川島と白洲を主演に迎え、「自己犠牲ガール」「Mr.正論」「セフレ体質女子」「影ありチャラ男」「健気わんこ系男子」と、それぞれ性格がまったく異なる男女5人が繰り広げるリアルなラブストーリーとなっている。

川島海荷、ラブシーン初挑戦 

川島が演じるのは、相手に気を遣いすぎる優しい女子、藤原花。 

それゆえ何も言いだせず、残念な結果になることもしばしばである。

 
ドラマの中の出会いを通じ、自分を変えようと奮闘する姿を川島が明るく健気に演じ、ラブシーンにも初挑戦する。

その花に正論を吐き、本音でぶつかる成田洋介に扮するのが白洲。 

いつもストレートな言葉で人と接する成田は、ちょっと近寄りがたい存在。

 
しかし、実は相手のことを思いやる優しさゆえでもある。成田の成長ぶりもみどころで、熱血でピュアなヒーロー像を白洲がきめ細やかに担う。

川島海荷「とってもドキドキしました」 

原作について川島は「とってもドキドキしましたし、登場人物がみんな魅力的だったので引き込まれました」と魅力を紹介。 

自身の役柄にも触れ「成田君に出会ったことによって、花がどうやって変わっていくのか。恋愛だけではなく、友情や仕事に彼女がどう向き合っていくのか、ぜひ見ていただきたいです」とアピールした。

白洲迅「熱く演じられたら」 

一方、白洲は「成田はとても純粋な男だなと思います。思いやりが強いからこそ、人に対して真正面から正論を言ったり、怒ったり。そんな成田を熱く演じられたらと思います」と今作へ意気込み。 

 - まとめ